Amazonアソシエイトの登録から使い方までのまとめ

Amazonアソシエイト

Amazonの商品をアフィリエイトする時に必要な登録方法から使い方まで記事をまとめてみました。

評判も良いAmazonアソシエイトですが、特徴や他のASPとの違いなども一緒に紹介していきます。

初心者の方に始めやすいですし、認知度も高いので結果の出やすいアフィリエイトです。

もちろん利用や登録など全て無料で使う事ができますし、他のASPに登録しているサイトも登録する事が可能です。

MEMO

登録前にプライベート用とは別のフリーメールと銀行口座を用意しておくとスムーズ。銀行口座もアフィリエイト用に新しくネット銀行口座を作っておくのがおすすめです。

特に楽天アフィリエイトで必須になる「楽天銀行」をメインにしておけば後で面倒がないです。楽天銀行の場合はポイントが貯まる仕組みが非常に多く使い勝手も良いです。(私も楽天銀行をメインで使ってます)

楽天銀行の詳細ページを見てみる

Amazonアソシエイトの無料会員登録の方法

Amazonアフィリエイトの基礎知識と使い方

Amazonアフィリエイトリンク作成方法

Amazonアソシエイトの特徴や紹介料など

Amazonアソシエイト登録-14

Amazonアソシエイトは冒頭でも書いたように、とても成果の出やすいアフィリエイトの1つです。

Amazonは認知度も高くてほとんどの方が知っているので購入しやすいですし、安心感もあるという部分がメリット。

最近はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングそれぞれの利用者がいますので、成果の取りこぼしを無くすために全てのショップリンクを表示するのが一般的になってきました。

↓こんな感じでAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングのリンクを作成すると取りこぼしがありません。
Rinkerショップボタンが2段になる2

上記のリンクは「Rinker(リンカー)」という無料のツールを使ってますが、このツールを使うためにもAmazonアソシエイトのアカウントが必要になります

Amazonの報酬率(紹介料)はどれくらい?

報酬

Amazonの紹介料(2018年現在)は以下の通り。

Amazonアソシエイトの紹介料一覧

注意点としては紹介料上限があって、1商品1個の売上につき1,000円(消費税別)となっている点ですね。

AmazonプライムやPrime Studentも成果対象

Amazonプライム会員やPrime Studentなどの会員登録も報酬の対象になります。

※過去に登録経験のない方の無料体験に登録で成果発生。

サービス名紹介料
Amazonプライム1人の登録につき500円
Amazonプライム
・ビデオ
1人の登録につき500円
Amazon Prime Music1人の登録につき500円
Amazonファミリー1人の登録につき1,000円
Prime Student1人の登録につき1,000円
Kindle Unlimited
1人の登録につき500円
Amazonフレッシュ1人の登録につき500円
Amazon Music Unlimited1人の登録につき500円

※報酬や条件は変更になる事があるので注意。

参考:Amazon紹介料一覧

会員登録の方が普通に商品紹介するよりも報酬単価は高いので、Amazonプライムなどの紹介をするコンテンツ作成は上手く行けば結構な収益になります

Amazonと楽天どっちが稼げる?

基本的に楽天の紹介料は1%なので、Amazonの商品紹介した方がお得と思っている方いるかもしれませんが、Cookie(クッキー)の長さが違うので一概には言えません

Cookieは簡単に言うと「クリックしてから購入までの期間」です。

AmazonのCookieは24時間なので、リンクをクリックして24時間過ぎた後に売れても成果にはカウントされません

一方、楽天のCookieは30日なので、実は楽天のリンクの方が成果が上がりやすいです。

  • Amazon:報酬は楽天より高いけどCookieが短い
  • 楽天:報酬はAmazonよりも低いけどCookieが長い

という感じですね。

結局、両方ともユーザーが選べる方が良いのでRinkerのようなツールで両方紹介しておけばOK。

Rinkerショップボタンが2段になる2

Amazonアソシエイトのデメリットは?

なぜ

先程Amazonの紹介料書きましたが、物販の報酬ってそんなに高くありません。

2%で計算したとしても1,000円のものが売れても20円!

そんなAmazonアソシエイトでは5,000円を超えるまで報酬は振込されませんし、5,000円超えても振込手数料300円が引かれます

たかが300円と言われるかもしれませんが、この300円をAmazonアソシエイトで稼ぐのがどれだけ大変か。

という事で、実は「もしもアフィリエイト」を使うとこれらのデメリットが解決できます

もしもアフィリエイトではAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングの商品をアフィリエイトできますし、先程紹介したRinkerでリンク作成できます(Rinker使うのにAmazonアソシエイトのアカウントは必要です)。

もしも経由で楽天市場の商品だけでなく、楽天トラベル・楽天ブックス・楽天GORA・楽天デリバリー・楽天ダウンロードも対象ですし、楽天モーションウィジェットなども使えます。

また、先程紹介したAmazonプライムやその他会員登録などももしも経由で報酬になります。

1,000円超えれば振込みしてもらますし、振込み手数料は「もしもが負担」という神対応です

という事でAmazon、楽天商品の紹介ならもしも経由がおすすめです。

もしもアフィリエイトは他にもたくさんのメリットがあるので詳細も一度確認してみて下さい。

もしもアフィリエイトの詳細ページを見てみる

以上Amazonアソシエイトの登録から使い方、それに特徴なども紹介しました。

最終更新日:2018/08/10

Amazonアソシエイトの登録から使い方までのまとめ”に4件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    匿名様

    コメントありがとうございます。リンクを貼るためにAmazonへの登録OKです。口座を指定しない場合は代わりにAmazonのギフト券で報酬もらう事も可能です。

  2. 匿名

    そもそも、amazonのリンクをブログに添付するためにはamazonアソシエイトに登録する必要があるんですよね?
    講座を指定しなければ普通にリンクを添付するための手段としてamazonアソシエイトに無料登録しておくこともアリですよね?

  3. しげぞう 投稿作成者

    宮本様

    アフィリエイトは基本的に無料です。サーバーとかドメインとか有料のものを使う場合はそれらの費用は必要になりますが、無料ブログとか使うのであれば費用は必要ありません。

  4. 宮本秀司

    このアフリエイトはずっと無料でつずける事が出来ますか?
    途中で有料になりますか?