Amazonアソシエイトの審査基準と落ちた時の対処法

今回はAmazonアソシエイトの審査に落ちた場合の対処方法について紹介していきます。

「Amazonアソシエイトの審査に落ちたけどどこを修正したらいいか分からない」という方向けの記事です。

私自身もサイトの登録時に何度もAmazonアソシエイトの審査に落ちちゃったので、審査合格のために調べた事、やった事をまとめておきます。

Amazonの審査に落ちた時に確認するべきポイント

まずはAmazonの審査に落ちた理由を探す必要があるんですが、当然ながら審査落ちの理由は聞いても教えてもらえません。

自分で推測しながら解決していく必要がありますが、今回はAmazonアソシエイトの審査突破のヒントを紹介してみたいとおもます。

Amazonの基本的な審査基準

実はA8ネットに「Amazon.co.jp成果反映用」というプログラムがあるのですが、そのプログラムと提携する際に出てくる注意点があります。

ASP側もAmazonの審査基準的なものを元に審査をしていると思われますので、こちらはAmazonの審査基準の基本的な部分と思っても良いと思います

  • 開設から日が浅いサイト、コンテンツが少ないサイト
  • 古い情報や正しくない情報が掲載されているサイト
  • 長期間更新されていないサイト
  • 日本語ドメインのサイト(一部が日本語の場合を含む)
  • Amazonアソシエイト運営規約等に違反するサイト

ネット上でAmazonの審査基準に関してはあれこれたくさんの意見がありますが、上記が一番信憑性が高い部分です(ASP側で提示されている基準なので)。

項目の最後の部分に「Amazonアソシエイト運営規約等に違反するサイト」と書かれてますが、こちらはAmazonの審査に落ちたときに送ってくるメールに書かれてますのでそれもチェックしてみましょう。

Amazonアソシエイトの規約をチェック

以下Amazonアソシエイトの審査落ちした時に送られてくるメール内容です。

Amazonアソシエイト・プログラムにお申込みいただき、ありがとうございます。

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。

当プログラムでは、お申込みいただいたWebサイトが下記の項目に当てはまる場合には、ご参加をお断りさせていただいております。

=====================================================================

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21

=====================================================================

また、当プログラムの独自の裁量により、上記の8つの理由にあたらない場合でも、運営規約上、ご登録予定のWebサイトが不適当であると判断した場合には、お申込みをお断りする場合があります。

当然不適切な内容はアウトですよね。不適切な内容のサイトに広告を設置したくないのは広告主の立場になれば想像がつきます。

この不適切な内容という部分に関しては使用している画像も含まれると思っておいた方が良さそうです。暴力的な内容を想像させる画像とかそういうの。

例えば夏の水着の画像とかどうなんでしょうね?画像によってはちょっと微妙と判断されているかもしれませんので画像も確認しておくのが良さそうです。

自分は大丈夫と思っても結局のところ判断はAmazonアソシエイト側になりますのでこの辺の判断は難しいところです。

記事数や文字数など審査に関係ある?

最初に挙げた条件に「コンテンツがすくないサイト」というのがありますので、ある程度の記事数と文字数はあった方が良いと思われます。

当然ながら記事数が少なすぎるとか文字数が少なすぎる場合て審査の判断はできないですよね。

実際記事数だけ足して審査通ったサイトもありましたので、問題が思い当たらないなら少し記事数を足して申請してみるのも良いと思います。

買い物履歴とか関係あるの?

他のサイトを色々見て情報収集したのですが、意外に多かったのが、Amazonアカウントでの買い物履歴がないと落ちるという物がありました。

ただ、私の場合はAmazonアソシエイトを始めるまでAmazonで買い物をした事がありませんでした。それなのに一番最初に申請したブログは審査通っていたので、これは関係ないと思われます。

数年間の間に何か審査基準が変わったとかいう事も考えられますが、この情報だけは未だに謎です。

他社の広告を削除した方がいい?

他社の広告を設置していて審査に落ちているなら一度広告は外して申請するのが良いですが、私自身は広告は設置したまま申請して通っているのであまり関係ないと思っています。

ただ、問題になるのはコンテンツの割合に対する広告の割合です。

コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない」というのはアウトです。

別のASP経由でAmazon商品紹介できるけど審査は同じ?

Amazonの商品が紹介できるASPとして「A8ネット」と「もしもアフィリエイト」などがあります。

ASP経由でもAmazonとの提携は必要ですが、審査自体はASP側が行っていると思われます。

冒頭でも紹介したようにASPで基本的な審査基準が示されている所を見るとAmazon側から審査チェック表的なものを渡されていて審査している可能性が高いです。

そのため、本家AmazonアソシエイトでもASP経由でも審査の基準自体は同じと思っておいた方が良いです

ただ、審査する方は1人ではないので、人によって若干の判断の差はあるはずで、同じ内容でも合格・不合格が分かれる場合もあるでしょう。

ちなみに「A8.net」でAmazon商品を紹介する場合は報酬の料率が若干低いものがある上に振込時の手数料がかかりますので、もしも経由の方がおすすめです

Amazonや楽天の商品も紹介できる「もしもアフィリエイト」

もしもアフィリエイトでも審査が通らない場合にはA8ネットを使います。A8ネットの場合は登録している全サイトのうち1サイトでも申請が通っていれば副サイトでも紹介できますので、別サイトで申請して提携が可能

A8.netの申し込みページはこちら

Amazonアソシエイトに落ちた時のチェック事項まとめ

  • 開設から日が浅いサイト、コンテンツが少ないサイト
  • 古い情報や正しくない情報が掲載されているサイト
  • 長期間更新されていないサイト
  • 日本語ドメインのサイト(一部が日本語の場合を含む)
  • サイト内に不適切な内容がないか?
  • サイト内に不適切と思われそうな画像がないか?
  • サイト内の記事数や文字数は少なすぎないか?

ということでどうしても審査通らないって場合は先にもしも経由のAmazonで試してみると良いです。審査する人が違うと受かるって事もあるかもしれません。

Amazonや楽天の商品も紹介できる「もしもアフィリエイト」

それでもだめならA8経由も検討。

A8.net詳細ページを見てみる

以上Amazonアソシエイトの審査に落ちた場合の対処方法でした。

最終更新日:2018/08/06

Amazonアソシエイトの審査基準と落ちた時の対処法”に9件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    底辺ブロガー様

    コメントありがとうございます。私の認識では1~2営業日くらいで合否が出てたと思うのですが、時間のかかる場合もあるのかもしれませんね、一応もしも側に問い合わせのメール送ってみるのが確実かと思います。

  2. 底辺ブロガー

    もしもアフィリエイトのAmazonアソシエイトに申請してから1週間経ちましたが、未だに申請中のままです。いつになったら合否がわかるのでしょうか?笑

  3. しげぞう 投稿作成者

    ナスカ様

    そうですね、Amazonの審査は結構厳しいです。記事数が多くてもすでに他社の広告が多かったりするブログなどが審査通りませんでした。報酬額や審査なども常に変化しているんだと思います。それにしても10年前ってスゴイですね。