アメブロからWordPressに引越しをする方法と手順

アメブロからWordPressに引越しをする方法と手順無料ブログからの引越しやサーバーの移転方法

前回アメブロバックアップの方法をかきました。今回はアメブロからWordPressに引越しする手順を解説する事にしていきます。

一般的にアメブロからWordPressに引越しする場合はFC2ブログを経由する方法か、無料のツールを使う方法が主流ですが、FC2経由はめちゃくちゃ面倒で時間もかかりますので一発で移転ができる無料ツールおすすめです。

追記:アメブロから移転データを作成する無料ツールが使えなくなったので別ツールを使います

アメブロからWordPressへ移転するときに利用していた「blog tool」という無料ツールが使えなくなってしまいました。

別方法としてFC2経由での引越しがありますが、画像を1つ1つダウンロードし、それを再アップロード、画像のURLやリンクの修正など非常に面倒で時間がかかります。

ということで、「アメプレスPro」というツールを代替としておすすめします。

ツールを使えばアメブロからWordPressへの引越しは簡単です。

↓アメプレスProの引っ越し機能↓

アメプレス引っ越し

ツール「アメプレスPro」でできること

アメプレス概要

  • アメブロのバックアップと復元
  • WordPressへの引越し
  • アメブロとWordPressの連動
  • SNSとの連動・自動集客
  • 読者登録・いいね・ペタの自動化

などなど、バックアップや引越し以外の機能も非常に充実しています。

実際に私も現在使っていますが、アメプレスProではアメブロのIDを追加して「バックアップボタン」をクリックするだけでバックアップは完了!

↓バックアップ中の画面
アメプレスバックアップ機能の使い方9

↓引越し中画面
アメプレスを使ってアメブロをWordPressに引越しする手順7

アメプレスPro」は有料のツールにはなりますが、復元する場合や引越しする場合でも

  • 画像のダウンロードや再アップロードが不要
  • 画像のURLの修正も不要
  • リンクURLの修正が不要

というのが以前の無料ツールにはなかった部分で本当に驚きました。

要は復元や引越しで一番時間のかかる「すべてのURL(画像含む)が新しいURLに自動で切り替わる」のでめちゃくちゃ楽ちん!

他にもWordPressやSNSとの連携できるので、「アメブロでの集客」だけでなく、「検索経由の集客(SEO)」「SNSからの集客」をプラスできます。

アメプレスProの価格は月額2,980円になります。

毎月課金になりますのが、不要になればユーザーページよりボタン1つで退会できます(退会方法はこちら)。

バックアップや引越し機能だけ利用したい方はバックアップや引越し後に退会ボタンをクリックしたらOKです。

通常WordPressへの引越し代行などだと記事数にもよりますが、5万円以上かかることが多いので、2,980円でバックアップや引越し、さらに集客機能までついているのはお値段以上の機能と感じています

chisa
アメプレスではサポートもしっかりしていて、メールだけでなくLINEで操作方法や分からないことを教えてもらえるので安心です。

■アメプレス公式サイト
アメプレスProの詳細を見る

【アメプレス版】アメブロからWordPressへ引越しする手順

  • アメプレスでアメブロのIDを追加
  • アメプレスでアメブロのバックアップボタンをクリック
  • WordPressのURLとログイン情報を入力して引越しボタンをクリック

以上3ステップで引越しが完了します。

前述したようにアメプレスProであれば元サイトからの画像を1つ1つダウンロードして引越し先にアップロードする必要もありませんし、画像のURLやリンクのURL修正という手間もありません。

アメブロからWordPressへの引越し

まずはアメプレスでのバックアップが必要になりますので、以下記事から先にバックアップを取っておいてください。

無料ツールを使ったアメブロのバックアップ方法とエクスポート

【図解】アメブロのバックアップ方法。アメプレスProでバックアップと復元が簡単!
今回はアメブロのバックアップ方法について紹介していきます。 アメブロは利用規約...

すでにアメプレスでバックアップが取れている方は「Amepressユーザー公式サイト」へ。

■Amepressユーザ公式サイト
https://pro.amepress.net/

「バックアップ機能」⇒「アメWPムーブ」をクリック。

WordPressへの引越し機能の説明の記事になるので、記事の途中の「アメWPムーブはこちらをクリック」をクリック。

アメプレスを使ってアメブロをWordPressに引越しする手順2

「WordPressのURL」、「WordPressのログインIDとパスワード」を入力。

アメプレスを使ってアメブロをWordPressに引越しする手順3
※WordPressのURLは管理画面ではなくサイトを表示した時のURL

下から引越しするバックアップデータを選択し、「このバックアップからワードプレスに引越」をクリック。

アメプレスを使ってアメブロをWordPressに引越しする手順4

確認画面がでるので「OK」をクリック。

アメプレスを使ってアメブロをWordPressに引越しする手順5

確認画面をOKするとバックアップデータがWordPressにインポートされます。

アメプレスを使ってアメブロをWordPressに引越しする手順7

記事中の画像のURLもすべて新ドメインのURLに変更されていますので、画像の再アップロードや、画像の張替え、URLの修正などは不要です。凄い!!

以上でアメブロからWordPressへの引越しは完了です。

アメブロの後処理をどうするか?

ここが一番重要なポイントになります。このブログの後処理の仕方を幾つか説明するのでよく理解してから行って下さい。もちろん自己責任で。

サイトの引越しを行うと同じ内容のコンテンツが2つ存在する事になります(重複コンテンツ)。

この重複コンテンツがあると検索エンジンは片方のサイトを検索結果に表示してもう1つの方を検索結果に表示しないようにします。

つまり旧ブログの記事がある限り、同じ記事をインポートしたWordPress側の記事の検索順位は上がってきません。

そのため、引越しができたら元記事(アメブロ)側の記事の削除が必要になります。

アメプレスProを使っている場合は「WordPressとの連動機能」があります。これはアメブロとWordPressを同じ内容で連動させる事ができる機能で、重複コンテンツを回避する機能があります。

ただ、このアメプレスProの重複回避できる機能も引越し後に一旦アメブロ側の記事を削除してから連動させる必要があるため、元記事(アメブロ記事)についている「コメント」や「いいね」も一旦リセットされる点に注意です。

MEMO

アメプレスでは「WordPressと連動」させてから引越し機能を使うと自動でアメブロ側は一旦削除され、連動機能で再度アメブロ側にWordPressと同じ記事が表示されるようになります。
※WordPressと連動させる前に引越し機能を使った場合はアメブロは削除されません。

アメプレスProに関してはメールやLINEで質問なども丁寧に回答してくれるので不安な部分があれば相談してみてください。

納得できてから引越しされることをおすすめします。

まだWordPressのサイトを持ってない方はこちら。

WordPressブログの始め方と使い方まとめ!【初心者向け】
独自ドメインの取得方法、WordPressを始めるためのおすすめのレンタルサーバ...
【図解】アメプレスProの退会(解約)の手順と流れ
アメブロとの連動やバックアップに非常に便利で活躍するアメプレスProは非常に便利...

コメント

  1. しげぞう より:

    >Hir様

    コメントありがとうございます。バックアップや引越しはいざという時に役に立ちます。知っておくと別の事にも応用が利く事もあるので便利です。私も何度も引越しを経験しているのでそれが記事にできてこうやってコメントを貰える事が非常に嬉しく思います。ありがとうございました。励みになります。

  2. Hir より:

    こんばんは。
    seesaa バックアップというキーワードで訪問しました。

    そんな方法があったのか、と目からうろこでした。
    さらにこの記事のようにアメブロでの引越しもあり、勉強になりました。

    アクセスは少ないですが、今のうちに方法を知っておくと安心ですね。

    ありがとうございました。

  3. しげぞう より:

    >sogum様
    コメントありがとうございます。参考になる事があれば嬉しいことです。
    こちらこそ今後もよろしくお願いします。

  4. SOGUM より:

    おはようございます。はじめまして、
    SOGUMと申します。

    ブログの引っ越しの記事は
    参考になりました。

    まだ予定はありませんが、
    覚えておきたいと思います。

    応援させていただきました。
    今後とも宜しくお願いします。

    私のブログです、よろしければ・・・
    http://listraheiki.com/www/

タイトルとURLをコピーしました