【図解】商品管理プラグインRinker(リンカー)の使い方まとめ

Rinker(リンカー)

前回はWordPressの商品リンクプラグインRinker(リンカー)のダウンロード、インストール、設定までを図解で書きました。

まだ、Rinkerのインストールと設定が終わってない場合は先にこちらの記事からどうぞ。

Rinker(リンカー)のインストールから設定まで図解で紹介

実際にRinker使ってみてちょっと慣れてきたので基本的な使い方を色々まとめてみました。

  • 基本的な商品リンク作成
  • ショップボタンが2段になっちゃう場合の対処
  • ショップボタンが太く表示される場合の対処
  • 公式サイトとかのボタンを追加する方法
  • ボタン消したり、価格を消したりする場合
  • ボタンの文言変更する場合
  • Rinkerの支援とクレジット削除

などなど。

ちなみにRinker公式サイトはこちらです。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

MEMO

Amazonや楽天のアフィリエイトは本家にメリットがありませんので「もしもアフィリエイト」経由がおすすめです。

Amazonや楽天のアフィリエイトは本家よりもASP(もしもアフィリエイト)経由がおすすめの理由 

Rinker商品リンク作成方法

まずは基本的な商品リンク作成なんですが商品リンク作成方法は2通りです。

  1. 投稿画面から商品リンク作成
  2. 管理画面から商品リンク作成

1.投稿画面から商品リンク作成する場合

Rinkerを有効化していると投稿画面に「商品リンク追加」というボタンが追加されてますのでクリック。

rinkerの使い方1

商品検索して「商品リンクを追加」をクリック。

rinkerの使い方2

商品リンクのショートコードが挿入されました。

rinkerの使い方3

プレビューで見るとちゃんと商品リンクが挿入されてます。

Rinker商品リンク画像

MEMO

一度作成したリンクを再度追加する場合は「商品リンクを追加」⇒「登録済み商品リンクから検索」から再度リンク追加できます。

rinkerの使い方6

Rinkerのショップボタンが2段になる場合の対処

ショップボタンが2段になるのはテーマ自体のコンテンツ部分の横幅が狭いからです。

Rinkerショップボタンが2段になる

この場合はコンテンツ部分の横幅を広げるもしくはRinkerの商品リンクの商品画像の部分の横幅をちょっと小さくしたらOKです。

スタイルシート(CSS)の一番下に以下コードを追加して調整。

スマホ以外ではという条件分岐をして、商品画像の横幅を135pxにしてます。PCで見ながら調整して下さい。

PCページでショップボタンが一列になりました。

Rinkerショップボタンが2段になる2

2.管理画面から商品リンク作成する場合

先に商品リンクを登録しておいていつでも呼び出せるようにしておく方法です。

WordPressの管理画面から「商品リンク」⇒「新規追加」。

rinkerの使い方5

「商品情報を取得」をクリック。

rinkerの使い方7

商品検索して「商品リンクを追加」をクリック。

rinkerの使い方2

自動で商品リンクなどの情報が自動で入力されます。

一応念の為、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの飛び先を一度確認しておくと安心。

rinkerの使い方9

問題ないなら公開をクリックして商品を登録します。

rinkerの使い方8

後は記事の投稿画面の「商品リンクを追加」⇒「登録済み商品リンクから検索」から追加できます。

rinkerの使い方6

プレビューで見るとちゃんと商品リンクが挿入されてます。

Rinker商品リンク画像

ショップボタンが太くなる場合の対処方法

プレビューで見るといい感じなのに、公開してから確認するとAmazon、楽天、Yahooショッピングのボタンが太くなっている場合の対処です。

↓こんな感じでショップボタンの下に余白ができている場合。
Rinkerボタン幅広

これはもしもアフィリエイトのリンク使う時に起こります。インプレッションタグ(imgタグ)が原因ですのでCSSで非表示にしておけばOKです。

スタイルシートの一番下に以下コードを追加してみて下さい。

もし上記コード追加でも上手くいかない場合はボタンの高さを固定する方法もあります。

Rinker商品リンク画像

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottledと表示される場合

Amazon API側の回数制限です。

連続して利用した場合などに結構頻繁にでてきますがしばらく待ってから再度検索すればOKです。

Amazon、楽天、Yahoo!以外にフリーのリンクを2つ追加できるのでASPリンクも追加できる

RinkerではAmazon、楽天、Yahoo!以外にもフリーのリンクが2つ追加する事が可能です。

Rinker自由ボタン

ASPに案件がある商品なら「公式サイト」となどボタンを追加できます。

Rinker公式ボタンを設置する

私は2つ目の自由欄使って少しCSSで幅を変更して使ってます。

Rinker公式ボタンを設置する方法

注意点としてはASPのリンクはリンク部分だけを抜き出してRinkerの自由URL欄に入力する必要があります(a href=”この囲まれた部分を抜き出し”)。

ただ、基本的にASPのリンクの改変は基本禁止されているのでこの辺は自己責任ですね。

もちろんASPのリンクで使う以外の使い方もできるので、商品の関連記事(内部リンク)に使ったりするのも良いかもしれません。

商品リンクはカテゴリー登録しておくと便利

たくさんの商品リンクを登録して使う予定ならそれぞれの商品リンクをカテゴリー分けしておくと便利です。

商品リンクをカテゴリー別に分けていれば、記事投稿画面⇒「商品リンク追加」⇒「登録済みの商品リンクから検索」を選択して、カテゴリーで絞り込みができます。

rinkerカテゴリー使い分け1

rinkerカテゴリー使い分け2

すでに登録済みの商品リンクをカテゴリー分けしたい場合はWordPressの管理画面から商品リンク⇒商品を選択して「編集」をクリックして編集できます。

rinkerの使い方12

rinkerの使い方11

ショップボタン(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング)を消したい場合

Amazonの限定品を紹介する場合はAmazon以外のリンクボタンは必要ないって事もありますし、Yahoo!ショッピングは必要ないって方もいるかもしれません。

サンプルとしてYahoo!ショッピングのボタンを消してみます。

WordPressの管理画面から商品リンクをクリック。商品を選択して「編集」。

rinkerの使い方12

Yahoo!商品URLの部分を空欄にして「更新」。

rinkerショップボタン削除1

Yahoo!ショッピングのボタンが消えてAmazonと楽天だけになりました。

rinkerショップボタン削除4

MEMO

Amazonのショップリンクボタンを消したいというケースですが、先程のようにAmazon商品URLを消してもボタンが表示される場合があります

その時はRinkerの設定⇒Amazonのリンク先の設定を「リンク先を検索画面にする」に変更するとボタンが消えます。

rinkerショップボタン削除3

  • リンク先を検索画面にする⇒この設定なら消える
  • リンク先を商品の詳細画面にする⇒この設定だと消えない

価格表示を消したい場合

価格表示の有無に関しては2通り。

  • 基本設定で価格の表示設定:全体的な設定
  • ショートコードに属性を追加:その商品リンクだけ非表示

基本設定で価格の表示、非表示を切り替え(すべての商品リンクが対象)

バージョンver1.1.0から価格の表示、非表示を基本設定で行えるようになりました。

WordPressの管理画面から「設定」⇒「Rinker設定」。

rinker価格表示有無

こちらは全体的な設定になるので、価格を非表示にするとすべてのリンクの価格が非表示になります。

ショートコードに属性を追加して価格を非表示(その商品リンクだけ価格が非表示)

商品リンクのショートコード自体に「price=”-“」という属性を追加したらOK。

[itemlink post_id=”(ID)” price=”-“]

という感じです。これはその属性を追加したリンクだけ価格が非表示になります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングボタンの文言を変更する方法

デフォルトではショップボタンは「Amazon」「楽天」「Yahooショッピング」になってますが、この文言を「Amazonで探す」などに変更する方法です。

今のところ方法は2つあります。

  • ショートコードに属性を追加:部分的
  • プラグイン自体を編集する:全体的

「今のところ」と書いたのは今後functions.phpで編集できる機能が追加されそうな感じだから。これを待った方が良いです。

1.ショートコードに属性を追加してボタンの文言を変更する方法

ショートコードに属性を追加する場合は以下のように設置した商品リンクのショートコード自体にラベル文言を追加する方法です。適応範囲はそのショートコードだけなので、過去全部のリンクボタンの変更ではありません

以下のように記事内で投稿したショートコードに「alabel」「rlabel」「ylabel」を追加すればボタンの文言を上書きできます。

例えばAmazonボタンの文言を変更する場合。

[itemlink post_id=”(ID)” alabel=”Amazonボタンの文言”]

Amazon、楽天、Yahooボタンすべての文言を変更する場合。

[itemlink post_id=”(ID)” alabel=”Amazonボタンの文言” rlabel=”楽天ボタンの文言” ylabel=”Yahooボタンの文言”]

rinkerボタン文言

属性を追加したショートコードだけ文言が変更されますので、過去記事すべての商品リンクボタンが一括で変更されるものではありません。

参考:Rinker(リンカー)ショートコード属性|おやこそだて

2.プラグインの編集で文言を変更【非推奨】

プラグイン自体の編集をすれば過去に設置した商品リンクのボタン文言もすべて変更されます。

ただし、プラグインの編集はトラブルの原因にもなるため非推奨です。あくまで自己責任でお願いします

WordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「プラグインの編集」と進み、編集するプラグインで「Rinker」を選択。

rinkerボタン文言変更2

編集するのはRinkerの「yyi_rinker_main.php」。

rinkerボタン文言変更3

「yyi_rinker_main.php」の中の「label」の部分を探すとAmazon、楽天、Yahooのそれぞれのlabel部分がありますので、ここを変更。

rinkerボタン文言変更1

好きな文言に変更したらファイルを更新で完了。

「Amazonで探す」「楽天で探す」「Yahooショッピングで探す」で試してみました。

rinkerボタン文言変更4

前述したようにプラグインの編集は非推奨です自己責任で

追記:fnctoins.phpで管理できるようになったようです

Rinkerクレジットリンク(Created by Rinker)を削除する方法

rinkerクレジット

Rinkerクレジットリンク(Created by Rinker)の削除方法はいくつかあって、ちょっと詳しい方ならCSSで非表示にするとか、functions.phpにコードを記述して消したりする方法思いつくと思います。

ただ、無料でこのような便利ツールを利用させてもらっている事も考えるとクレジットは削除せずに使わせてもらうのが筋かなと思います。

どうしても消したいって場合には「Rinkerへのご支援とクレジットリンク(Created by Rinker)の削除方法」から支援をして削除される事をおすすめします。

Rinkerへのご支援とクレジットリンク(Created by Rinker)の削除方法

Rinker使うなら「もしも」と「バリューコマース」リンクを使うのがおすすめ

Rinkerを使うためにはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどと提携しておく必要があります

本家Amazonや本家楽天アフィリエイトに登録して提携するか、Amazonや楽天の商品も紹介できるASP「もしもアフィリエイト」で提携する事ができます。

本家Amazonアソシエイト経由だと報酬が5,000円以上にならないと振込みされないって点と毎回振込手数料が引かれるデメリットがありますし、本家楽天は報酬が現金ではなくポイントになってしまいますので正直本家Amazonや楽天を使うメリットはあまりありません。

ASP(もしもアフィリエイト)経由でも報酬は一緒ですし、前述した問題は全て解決します。また振り込み報酬の手数料も「もしも負担」という神対応なので本家Amazonや楽天を利用するよりも「もしも経由」がおすすめです

もしもアフィリエイト詳細ページ

Yahoo!ショッピングはバリューコマース経由

Yahoo!ショッピングも「もしもアフィリエイト経由」にできますが、Yahoo!ショッピングの報酬だけはバリューコマース経由の方が高めです。

  • もしも経由(0.77%)
  • バリューコマース経由(1%)

さらにバリューコマースでは「クロスデバイストラッキング」というシステムがあって違うブラウザやアプリからの購入も反映されるようになってます

バリューコマースクロスデバイス
参考:バリューコマースのクロスデバイストラッキング

という事で「Amazon、楽天はもしも経由」「Yahoo!ショッピングのリンクはバリューコマース経由」が良いです。

もしもアフィリエイト詳細ページ

バリューコマース詳細ページ

以上Rinkerの使い方まとめてみました。

最終更新日:2018/09/19

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。