Amazonや楽天のアフィリエイトはASP経由がおすすめの理由

Amazonアフィリエイトの始め方と使い方

Amazonや楽天のアフィリエイトは認知度も高いので初心者におすすめのアフィリエイトです。ただ、幾つかデメリットもありますので紹介していきたいと思います。ついでにそのデメリットへの対策も紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazonや楽天アフィリエイトのデメリット

Amazonや楽天のアフィリエイトを始める方は非常に多いのですが、私が実際に利用していて感じる4つのデメリットがあります。

  • 物販のアフィリエイトは報酬が低い
  • 報酬最低支払金
  • 楽天は報酬がポイント
  • Amazonの登録が面倒で審査厳しい

Amazonや楽天のアフィリエイトは報酬率が低い

冒頭でも書いたようにAmazonや楽天のアフィリエイトは非常に認知度が高いので、訪問者の方が気軽に商品を購入してくれるというメリットがありますが、報酬率が非常に低いのが特徴となります。

楽天の場合も商品の1%という報酬率ですし、Amazonの場合も以下のようになっています。

Amazonの報酬率は頻繁に変更がありますが、変更の度に報酬率が厳しくなっている印象です。売れやすい物ほど報酬が低い感じですかね。

Amazonでも楽天でも1000円の物が売れても数十円にしかなりません。しかも楽天アフィリエイトの場合は報酬が現金ではなく楽天ポイントです

楽天アフィリエイトのデメリット

楽天のアフィリエイトで得たポイントは毎月3000ポイントを超える分が「楽天キャッシュ」というポイントになり、この分は現金に換金ができます。

ただ、報酬率1%で毎月3000ポイント稼ぐには30万円以上の商品を売らないといけない計算です。毎月ですよ?かなりハードル高いです。

楽天アフィリエイト報酬

しかも楽天キャッシュのポイントを現金に換金する場合は手数料10%と消費税が引かれてしまいます。これもかなり痛いです

Amazonアソシエイトのデメリット

Amazonでのアフィリエイトのデメリットが「最低報酬支払い金」です。

例えば最低報酬支払い金が5000円の場合、4999円の報酬では振込されません。この4999円は次の月に持ち越されて5000円を超えた月に振込されるという仕組みになっています。

Amazonで報酬を銀行振り込みにしている場合は報酬が5,000円以上にならないと振り込んでもらえません

銀行振込を選んだ場合、月ごとの支払額が5,000円未満の場合は、それに達するまで支払保留となります。

参考:支払い|Amazonアソシエイトヘルプ

前述したように報酬率の低い物販のアフィリエイトで5,000円の報酬を稼ごうと思うと結構大変です。初心者の方が挫折するのはそのような部分が多いと思います。

Amazonや楽天のデメリットへの対策

繰り返しになりますが、Amazonや楽天での報酬率は高くはありませんし、最低報酬支払金の金額まで稼ぐのが結構ハードルが高いです。また、できれば報酬は現金でもらいたいですよね。

なので、Amazonや楽天の商品が紹介できるASPを経由してアフィリエイトするのがおすすめです

Amazonや楽天の商品を紹介できるASPとして「A8ネット」や「もしもアフィリエイト」というASPがあります。もちろん報酬は現金で振り込みです。

それと大事な部分ですが、アフィリエイトで紹介できる物はAmazonや楽天のような物販だけではありません。

「Amazon」や「楽天」の商品だけではなくて、サービスの利用、「ホテルの予約」「スマホのアプリの紹介」とか「車の査定」「引っ越しの無料見積もり」、「無料の資料請求」などでも報酬が発生する案件などたくさんありますし、そちらの方が報酬もかなり高めです。

1件で100円程度の物から1件の成約で5,000円という案件も多数あります。これなら月に10万円稼ぐというのも現実味があります。そのため稼ぐのであれば普通の物販よりも何倍も効率がいい訳です。

このように「Amazonや楽天の商品」+「その他サービス」も紹介できるASP経由のアフィリエイトがおすすめです。

ASP経由のメリット

前述したように「A8ネット」「バリューコマース」「もしもアフィリエイト」などのASPでAmazonや楽天の商品を紹介する事ができますが、「A8ネット」や「バリューコマース」の場合は本家Amazonや楽天よりも若干報酬率が低いです。

※「もしもアフィリエイト」だと本家Amazonアソシエイトと紹介料が同じです

 A8ネットもしも
Amazonビデオ
Amazonコイン
7.7%10%
Kindleデバイス3.4%4.5%
Kindle本6.1%8%
Androidアプリ6.1%8%
Fireデバイス3.4%4.5%
Fire TV3.4%4.5%
Amazonパントリー対象商品6.1%8%
食品&飲料6.1%8%
お酒6.1%8%
アマゾンギフト券対象外4%

楽天商品の紹介も本家だと報酬がポイントですが、もしも経由だと現金で振り込みされます。

もしもアフィリエイト経由だと報酬の振り込み手数料も「もしも側が負担」なのでAmazon商品、楽天商品を紹介するならもしもアフィリエイト経由がおすすめです。

※もしもアフィリエイトの登録利用はもちろん無料です

口座へのお振り込み手数料はもしもが負担いたします。

参考:よくある質問|もしもアフィリエイト

「もしもアフィリエイト」内でAmazonや楽天との提携が必要になりますが、ボタン1つで提携できるので非常に楽です。

それからもしも経由であればAmazonプライムやstudentも紹介できますし、本家Amazonアソシエイトと紹介料も同じなので本家Amazonを使うメリットって無くなりつつありますね。

という事でAmazonや楽天の商品はもしも経由でデメリットが解消されますし、報酬を1つにまとめる事が可能です。

注意点としては「もしも」経由でもAmazonは本家と同じように審査がありますので、審査落ちしないように情報収集をしてから申請するのがおすすめです。

もしもアフィリエイトで扱える広告も一部みせておくとこんな感じです↓↓

しかも「もしもアフィリエイト」には「自動マッチング機能」という秀逸な機能があります。

自動マッチング機能は自分のサイトで使っているキーワードや検索順位を検出してどのような広告で成果が出やすいのか?というのお知らせしてくれる機能です。もちろん無料で使えます

もしもアフィリエイト自動マッチング機能

↑↑こんな感じでサイト内で使っている「キーワード」を自動検出し、そのキーワードの「検索順位」から成果の出る可能性の高い広告をお知らせしてくれる機能です。

それと「もしもアフィリエイト」でAmazonと楽天の提携をしていれば無料ツール「カエレバ」や「Rinker(リンカー)」を使ってのリンク作成も可能です。

カエレバカスタマイズ-5
※画像はカエレバでリンク作成

Rinkerショップボタンが2段になる2
※画像はRinker(リンカー)でリンク作成

という訳で本家Amazon、楽天のアフィリエイトにメリットはないのでもしも経由がおすすめです。一度詳細ページも確認してみて下さい。

もしもアフィリエイトの詳細ページ

まとめ

Amazonや楽天のアフィリエイトをするのであればASP経由がおすすめです。

ASP経由、特に「もしもアフィリエイト」経由であれば次のようなメリットがあります。

  • Amazonや楽天の商品が紹介でき、紹介料は本家と同じ
  • 現金での報酬振り込み
  • 1000円以上で報酬を受け取る事ができる
  • 報酬の支払い手数料は「もしも」が負担
  • 他の報酬率の良い広告も扱える
  • カエレバやRinkerにも対応している

本家Amazonや楽天を利用して振り込み報酬額まで届かないなんて事になると非常にもったいないです。

ASPの登録や利用でお金がかかる事はありませんし、1つのサイトで複数のASP登録もOKです。

という事でASP経由(もしも経由)のアフィリエイトをおすすめします。

もしもアフィリエイトの詳細ページを見てみる

以上Amazonや楽天のアフィリエイトはASP経由がおすすめの理由でした。

紹介したASPの登録方法や使い方は別記事で書いてますので参考にして下さい。

コメント

  1. けんすけ より:

    カエレバの使い方を参考にさせて頂きました。有難うございます。

  2. まめこ より:

    初めまして。たくさんのアフィリエイト情報を太っ腹で公開してくださってありがとうございます。すごくためになります。早速おススメのASP数社申し込みました。

    なぜか「もしも」は落とされました。アマゾンと楽天のアフィリエイトIDを持っているので、非常に残念。「もしも」って審査が厳しいのですね。

    一応ご報告です。寒いのでお体に気をつけて♪

タイトルとURLをコピーしました