【図解】MixHost(ミックスホスト)の登録から使い方までのまとめ

ミックスホストmixhost(ミックスホスト)の使い方

現在私も利用しているMixHost(ミックスホスト)の使い方、WordPressの始め方記事をまとめたページです。

MixHostはWordPressに特化した高速・高機能でハイスペックなサーバーで、料金も安く初期費用も無料。

容量250GB(SSD)、LiteSpeed(ライトスピード)採用、転送量4.5TB/月。このスペックで月額880円~、しかも初期費用は無料ということでコスパ的には最強のレンタルサーバーです

現在は申し込みと同時にWordPressを始められる「WordPressクイックスタート機能」が提供されてますので初心者の方でも安心です。

■mixhost
https://mixhost.jp/

mixhostの登録からWordPressインストール

「WordPressクイックスタート機能」はミックスホストへの申し込みと同時にWordPressの導入まで完了してしまう機能です

これまでWordPressを始める場合には以下のような手順が必要でした。

  • レンタルサーバーへの申込み
  • ドメインの取得
  • ドメインの設定やDNSの設定
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

今回提供開始された「WordPressクイックスタート」であれば上記の5つの工程がほぼ省略する事ができるので、初心者の方でも迷う部分がありません。とっても簡単!

初めてミックスホストでWordPressブログを始める方はドメインもセットになっているこの「WordPressクイックスタート」で始めるのがおすすめです。

WordPressクイックスタートを利用する場合

クイックスタートを利用しない場合(移転・すでに申し込みが済んでいる方)

WordPressインストール後のテーマ選びと設定など

MixHost(ミックスホスト)とは?他のサーバーと違うところ

mixhostの特徴

ミックスホストの特徴やメリット・デメリットそれぞれ紹介してきます。

1.LiteSpeed(ライトスピード)を採用!

表示速度やレスポンスに関係してくるのがサーバーソフトウェアです。

サーバーのソフトウェアとして基本的なやつが「Apache」というものです。

Apacheを採用しているのがロリポップ、さくらのレンタルサーバー、バリューサーバーなど。

で、Apacheが処理しきれない同時の大量アクセスを処理できるようなWebサーバーを作ろうと開発されたのが「nginx(エンジンエックス)」です

「nginx(エンジンエックス)」を採用しているのがエックスサーバー、スターサーバーなど。

エックスサーバーエンジンエックス
参考:エックスサーバー

で、Apacheやnginxからさらに進化した「LiteSpeed(ライトスピード)」が第四のWebサーバーと言われてます。LiteSpeedはApacheの3倍以上の応答速度

litespeed速度

という事でサーバーの表示速度やレスポンス的にはApache < nginx < LiteSpeedという感じでイメージしてもらってOKです

このLiteSpeedを採用しているのが「mixhost」です。

またmixhostでは、LiteSpeed CacheをはじめとするWordPress高速化機能を利用できます

LiteSpeed Cacheとは、LiteSpeed Webサーバーで利用できるキャッシュ機能です。

非常に高速かつ高性能で、キャッシュを有効にする事により、導入前と比較して数十倍〜数百倍程度、圧倒的に高速化する事が可能です。

また、サーバーの負荷が低くなる為、アクセス集中時にも安定してご利用いただけるようになります。

参考:LiteSpeed Cacheについて|mixhostヘルプ

2.無料SSLとHTTP/2に対応

JETBOYの特徴1

最近は多くのレンタルサーバーでも提供されている無料SSLですが、mixhostでもすべてのプランで無料SSLが提供されてます。

サイトのSSL化(http⇒https)は当たり前の時代になってますので、無料のSSLは必須。

また、HTTP/2にも対応してますのでレスポンスも早いです。

http2のスピード

3.柔軟なプラン変更が可能

口コミ

MixHostでは柔軟なプラン変更ができます。

SNSなどで一時的にサーバーに負担がかかるとサイトが落ちてしまう事がありますが、MixHostの場合は負荷がかかった瞬時にプランを変えて対応するなんて事も可能です。

さらに通常上位プランに変更はできても下位プランに変更できないサーバーが多いですが、MixHostは柔軟にプラン変更ができます。

マイページよりいつでもプラン変更が可能です。

上位プランへ変更の場合は、差額をお支払いいただきますとすぐにプラン変更が適用されます。
下位プランへ変更の場合はすぐにプラン変更が適用され、すでにお支払いいただいている差額は、次回以降のお支払いに充当されます。

参考:ご利用料金とよくある質問|MixHost

4.自動バックアップは14日間で無料で復元できる

MixHostでは標準で過去14日間のバックアップからデータを無料で復元できる、自動バックアップ&リストア機能があります。

エックスサーバーなどの通常のサーバーではバックアップデータを取得する時に手数料(1万5,000円)が必要になりますが、MixHostは無料。

しかも復元ポイントを自由に選んでリストア出来ます(※30日以内)。

また、物理的に離れたデータセンターに設置されたバックアップサーバーに1日1回自動的にバックアップしているので安心感もあります。

5.クイックスタート機能90秒でWordPressをスタートできる

mixhostでは「WordPressクイックスタート機能」が提供されてます。

ドメインとレンタルサーバーを一緒に申し込みして必要事項を入力するだけでWordPressを始めることができる機能です。

WordPressクイックスタートとは、もはやWordPressサイトを作る上で必須とも言える、独自ドメインかつSSL対応済みのWordPressサイトを、わずか90秒でスタートすることのできる画期的なサービスです。

今回リリースするWordPressクイックスタートでは、まるでレンタルブログのような簡単さでWordPressをスタートすることができます。

1.mixhostでドメインとレンタルサーバーをセットで申し込む。途中で作成したいWordPressサイトのタイトル、管理者のユーザー名、パスワードを入力する。
2.WordPressにログインしてサイトの制作をスタート

上記の通り、レンタルサーバーに申し込んだ時点でWordPressサイトが完成しておりますので、後は記事を書くだけといった簡単さで、初心者の方にもおすすめできる内容となっております。

参考:WordPressクイックスタートご提供開始のお知らせ | mixhost ニュース

6.アダルトサイトの運営が可能

mixhostアダルト

通常のレンタルサーバーではアダルトNGのレンタルサーバーも多いですが、mixhostはアダルトコンテンツOKのレンタルサーバーです。

通常のプランでも良いのですが、アダルトサイト向けの「mixhost adult」も提供されています。

アダルトサイトのアクセス傾向は、一般のサイトと比較しても少し特殊で、特に夜間に集中する傾向にあります。

mixhost adultは、通常のmixhostとは別に、アダルトサイト用に新しく設計されたプラットフォーム上でサービスが稼働しており、アクセス集中にも強い構成となっております。

参考:アダルトサイト向けレンタルサーバー「mixhost adult」ご提供開始のお知らせ | mixhost ニュース

画像や動画が多いサイトでも安心の大容量、転送量が多いアダルトサイトでも安心のスペックなのでアダルトコンテンツのサイトであればmixhostがおすすめです。

mixhost adult詳細ページを見てみる

MixHostのデメリットは?DDoS攻撃などで障害がある?

MixHostは正直デメリットがほとんどありません。機能面でもスペック面でもセキュリティー面でも隙がありません。

敢えて挙げるならサービスの開始が2016年6月22日と割と最近なのでまだ実績は少ない事ですね。

サービス開始当初は障害やトラブルなどがあった時期もありましたが、現在は「DDoS対策」や「品質保証制度(SLA)の提供」がされてます

■mixhostにおけるDDoS対策

mixhostでは、サービス開始当初より度重なるDDoS攻撃を受けておりましたが、2017年12月よりDDoS攻撃保護機能のご提供を開始いたしました。

mixhostでのDDoS対策保護は、バックボーン上に大規模なDDoS攻撃対策機器を設置し、DDoS攻撃を検知すると攻撃のトラフィックのみを自動的に遮断します。

攻撃トラフィックが遮断されている状態でも、正常なトラフィックは通過するよう動作しますので、攻撃を受けている間も正常にサーバーをご利用いただくことが可能です。

参考:mixhostにおけるDDoS対策について | mixhost ニュース

■品質保証制度(SLA)

mixhostでは、安定性に対する絶対的な自信があるからできる、品質保証制度(SLA)を開始いたします。

この制度は、万が一障害などでダウンタイムが発生し、ご利用のサービスの月間稼働率が保証値を下回った場合、月額費用の一部をご返金する制度です。

mixhostでは、クラウドレンタルサーバー (v2) において、稼働率99.99%を保証いたします。

これは、レンタルサーバー事業者としては非常に高い保証値で、一般的にSLAの保証値は99.9%程度を設定されるケースが多くあります。

しかしながら、mixhostでは障害の重大性、お客様への影響を考慮し、そもそも障害を発生させない運用体制を整えることにより、99.99%の高い保証値を実現しています。

参考:品質保証制度(SLA)の提供を開始|mixhost ニュース

MEMO

キャンペーンで特典があることもあるので事前に確認をしておいて下さい。

mixhostの料金やスペック一覧を確認する

MixHostの口コミや評判

mixhostの料金やスペック一覧を確認する

MixHostのプランはどれがおすすめ?スペックと料金を比較

前述したようにMixHostは柔軟なプラン変更が可能なので一番安いスタンダードで始めたらOKです。

必要になった時にその都度プラン変更できます。

プランスタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ
月額料金880円~1,780円~3,580円~7,180円~14,380円~
初期費用無料無料無料無料無料
ディスク容量(SSD)250GB350GB450GB550GB650GB
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限無制限
MySOL
データベース
無制限無制限無制限無制限無制限
HTTP/2
サーバーソフトLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
転送量の目安4.5TB/月
5.5TB/月
6TB/月
8TB/月
10TB/月
バックアップ14日間という長期間バックアップに対応。しかも無料で復元できる自動バックアップ&リストア機能有り。

別のサーバーから移転する場合はMixHostの移転代行サービス(有料)あるので、サーバー移転は無理って方でも安心です。

【比較】MixHostとJETBOYどっちが良い?スペックや料金を比較

MixHostと同じくLiteSpeedを採用しているハイスペックSSDサーバーと言えばJETBOYがあります。

JETBOYはさらに料金が安いプランもあって状況に応じてスペックを拡張させていく事ができますが、MixHostと比較していくつかのデメリットがあります。

■JETBOYのメリットとデメリット

  • 料金はJETBOYの方が安いプランがある
  • 容量が少なめ(MixHostの方が容量多い)
  • プランのダウングレードできない(MixHostはできる)
  • 自動バックアップが1日前まで(MixHostは2週間)
 MixHost
スタンダード
MixHost
プレミアム
JETBOY
ミニSSD
JETBOY
ファーストSSD
JETBOY
スタンダードSSD
JETBOY
プレミムSSD
月額料金
(1年契約の場合)
930円1,980円290円580円980円1,980円
初期費用無料無料1,000円1,500円3,500円5,500円
ディスク容量
(SSD)
60GB100GB5GB20GB40GB80GB
MySOL
データベース
無制限無制限3個20個40個70個
バックアップ14日間という長期間バックアップに対応。しかも無料で復元できる自動バックアップ&リストア機能有り。自動でバックアップ有り、復元も無料ですが一日前のデータしか復元することができません。

料金自体はJETBOYの方が安いプランがありますが、JETBOYの弱点(デメリット)を解決しているしているのがMixHostという感じですね。

以上ミックスホストの登録・使い方、口コミなどのまとめでした。

MixHostの使い方やWordPressの始め方はこちらの記事をどうぞ。

【初心者でも簡単】MixHost(ミックスホスト)の申し込み方法とWordPressブログを始める全手順。WordPressクイックスタートで簡単設置 

コメント

タイトルとURLをコピーしました