【比較】Rinkerとカエレバの違いは?どっちを使うのがおすすめ?

【比較】Rinkerとカエレバの違いは?どっちを使うのがおすすめ?

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなど商品を紹介する場合にはそれぞれのリンクをまとめて表示できるツールが便利です。

それぞれのショップのリンクをまとめて表示できる無料ツールは色々ありますが、現在私が使っているのが「Rinker(リンカー)」と「カエレバ」です。

■Rinker(リンカー)

Rinker商品リンク画像

■カエレバ

カエレバのリンク

どちらも表示ボタンや背景などカスタマイズする事もできます。

今回は「Rinker(リンカー)」と「カエレバ」の基本的な部分と、それぞれの違いについて書いてみたいと思います。

Rinkerとカエレバの違いやメリットデメリット

RinkeとカエレバはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングのリンクが生成できる無料の便利ツールですがそれぞれ違いもあります。

違いはそれぞれの個性にもなってますので簡単に紹介してみたいと思います。

Rinkeとカエレバのショップリンクの種類

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのボタン(ショップボタン)の種類に違いがあります。

Rinkerのショップリンクは自由ボタンがある

Rinkerのショップボタンは基本的にAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングのリンクですが、2つ予備のボタンが用意されていますので、内部リンクや外部リンクでボタンを自由に使う事ができます。

Rinker自由ボタン

例えばAmazonや楽天など以外にASPで案件あるなら公式サイトなどのリンクボタンを追加できます。

Rinker公式ボタンを設置する方法

カエレバはショップリンクの種類が豊富

カエレバのショップリンクは「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」の他にセブンネット、ベルメゾン、セシール、Wowma!などのリンクも作成する事が可能です(表示するショップは選択できますが、自由ボタンはありません)。

カエレバのリンク

ちなみに同じシリーズに「ヨメレバ」「トマレバ」などもあります

■【ヨメレバ】は書籍を紹介するためのツール。Amazon、Kindle、楽天ブックスなど。

ヨメレバショップリンク

■【トマレバ】は宿やホテルを紹介できるツール。楽天トラベル、じゃらん、JTBなど。

トマレバショップリンク

なのでこの辺は用途によって使い分けたら良いです。

Rinkerとカエレバのリンク作成方法の違い

Rinkerとカエレバではリンクの作成方法が違います。Rinkerが便利なのは管理画面でリンクが生成できる部分なのですが、簡単に画像で比較してみます。

カエレバのリンク生成手順

カエレバでリンク作成する場合には一旦自分のサイトを離れて「カエレバ」のサイトへ移動してリンク生成する必要があります。

カエレバでアフィリエイトIDを入力(最初だけ)してから商品検索しリンク生成。

カエレバのリンク生成

最後に自サイトに戻りリンク貼り付けという手順です。

Rinkerでのリンク生成手順

RinkerはWordPressのプラグインなんですが、WordPressの管理画面や投稿画面から直接リンク作成できるのでめちゃくちゃ早い!

商品リンク追加ボタンをクリックして

rinkerの使い方1

投稿画面で商品検索して

rinkerの使い方2

Rinkerの商品リンク追加完了!

Rinker商品リンク画像

Rinkerとカエレバの挿入コード

Rinkerでリンク挿入するとすべてショートコードで表示されるため非常にスッキリしてます。

Rinkerのショートコード

Rinerはショートコードで一括管理できるのがメリット。

一括管理の何が便利なのか?というと

  • 商品名の部分をちょっと修正したい
  • 飛び先URLを変更したい
  • 特定のボタンを非表示にしたい

というような場合に管理画面から変更できる、しかも同じショートコードで張っている全てのリンクが一発で変更できるという事です。

カエレバでこれをやろうと思うとリンク張っている記事を1つ1つ開いて修正していく必要があります。

逆にカエレバのリンクはショートコードではないので、かなりごちゃごちゃしたリンクになります。

カエレバのコード

カエレバのコードはごちゃごちゃしているので嫌って方も多いですが、これはこれで知識のある方であればボタンを増やしたり、順番を変更したり柔軟なカスタマイズが可能です。

カエレバとRinkerのコード

Rinkerは価格表示・非表示の切り替えができる

Rinkerでは商品の価格を表示・非表示を商品毎に選択する事ができます。カエレバでは価格の表示はできません

前述したようにRinkerはリンクを一括管理できますので、「価格表示してたけどやっぱりやめたい」という場合には管理画面で修正でき、修正した商品を紹介している全ページの表示も一発で変更されます。

以上簡単にRinkerとカエレバの違いを紹介してみました。

Rinkerやカエレバを使うために必要なもの

用意

Rinkerやカエレバを使うためにはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどと提携しておく必要があります

本家Amazonや本家楽天アフィリエイトに登録して提携するか、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングの商品も紹介できるASP「もしもアフィリエイト」で提携する事ができます。

本家Amazonアソシエイト経由だと報酬が5,000円以上にならないと振込みされないって点と毎回振込手数料が引かれるデメリットがありますし、楽天は報酬が現金ではなくポイントになってしまいますので正直本家Amazonや楽天を使うメリットはありません。

ASP(もしもアフィリエイト)経由でも報酬は一緒ですし、前述した問題は全て解決しますし、振り込み報酬の手数料も「もしも負担」という神対応なので本家Amazonを利用するよりも「もしも経由」がおすすめです

もしもアフィリエイト詳細ページ

Rinkerを使うためにさらに必要なもの

カエレバはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどと提携していればすぐに使う事ができますが、さらにRinkerは使うための条件が2つ。

  • WordPress利用であること
  • Amazonアソシエイトのアカウントがあること

RinkerはWordPressが必要

RinkerはWordPressのプラグインなので当然WordPressが必要です。

無料ブログとかでは使えないので、この機会にWordPressへ!という方は検討してみて下さい。

ドメイン取得からWordPressの始め方、設定、カスタマイズまで全て図解で記事にしてます。

RinkerではAmazonアソシエイトのアカウントも必要

Rinkerの場合はAmazonの「アクセスキーID」と「シークレットキー」が必要なのでAmazonアソシエイトのアカウントが必要です

で、このAmazonの「アクセスキーID」と「シークレットキー」を使うにはAmazonアソシエイトのアカウントが必要です。

手持ちのサイトの1つでも審査に通ればAmazonアソシエイトのアカウントは作成できます。

Amazonアソシエイトの登録方法と注意点【図解】

MEMO

Rinkerのアフィリエイトリンク自体は「もしもアフィリエイト経由のリンク」でも使えますが、Rinkerの機能であるAmazonで商品を検索したり、その商品へのリンクを作成する作業を「自動化」する場合に必要なのが「アクセスキーID」と「シークレットキー」です。

Rinkerとカエレバどっちを使うのが良い?

Rinkerはプラグインですし、Amazonアソシエイトのアカウントが必要なので、「無料ブログを使っている人」や、「Amazonアソシエイトのアカウントがない人」はカエレバを利用する必要がありますがそれ以外の方は用途によって使い分けたら良いです。

私の場合は基本Rinkerですが、コードを一部カスタマイズしたい場合にはカエレバを利用させてもらったりしてます。

Rinkerはリンク生成がめちゃくちゃ早いので一度使うとずっとRinker使っちゃいますね。自由ボタンもあるし、価格も表示できるしすごく便利です。

以上簡単ですが、Rinkerとカエレバの違いやそれぞれの特徴など紹介してみました。使い方などは別記事で。

■Rinke使ってみたい!という方はこちら。

■Rinker使いたいけど無料ブログだし。。という方はこちら。

初心者でも迷わないWordPressの始め方や使い方を全部図解で解説!

■カエレバ使ってみたい!って方はこちら。

最終更新日:2018/07/27

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。