【保存版】エックスサーバーのWordPress簡単移行機能の使い方と注意点まとめ

エックスサーバーのWordPress簡単移行機能の使い方まとめXSERVER(エックスサーバー)

2019年4月3日に「WordPress簡単移行機能(正式版)」の提供が開始されました。別の他社サーバーからエックスサーバーへ簡単に移行(引っ越し)できる機能です。

早速実際にエックスサーバーの「WordPress簡単移行機能」を使って手持ちの12個のサイトをエックスサーバーへ移転(引っ越し)をしてテストしてみました。

移転するサイトのURLとユーザー名、パスワードを入力するだけで移行が完了するので通常の手動の移転と比べるとかなり簡単に移転が完了します。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方4

以前から「簡単移行機能(ベータ版)」はありましたが、これだとロリポップからエックスサーバーへの移転でエラーがでて上手く引っ越しができませんでした。

今回正式版として提供開始された「簡単移行(正式版)」だとロリポップからでもエラーなしで移転が完了できます

これまで民族大移動的に手動で100個以上のサイトの移転をしてきた私ですが、今回はサーバー移転初心者の方向けに図解でエックスサーバーのWordPress簡単移行の使い方、流れや手順、エラーが出る場合の原因、対処方法など紹介していきます。

もちろんMixHostやさくらのレンタルサーバ、ロリポップ、ConoHa Wingからでも同じ手順で移転ができます。

※簡単移行機能を使っても移転元サイトのデータがなくなることはありません

キャンペーン情報

エックスサーバーは現在キャンペーン中です。キャンペーン中に申し込みすると通常よりもかなり安く始める事ができます。

エックスサーバーキャンペーン12月

  • ドメイン永久無料プレゼント
  • 月額料金最大50%OFF!450円~

※キャンペーンは申込み多数で早期終了することがありますので最新のキャンペーンを確認して下さい。

■エックスサーバーの公式ページ
https://www.xserver.ne.jp/

  1. エックスサーバーへの移転(引っ越し)する前の注意点
    1. 注意点1.移転元のサイトがhttpsのサイト(SSL)の場合は先に設定を変更してhttpにしておく
    2. 注意点2.移転元のサーバーのPHPのバージョンを最新にしてプラグインのエラーがないか確認
    3. 注意点3.移転元サイトで相性の悪いプラグインを停止しておく
  2. エックスサーバーへ移転する流れ
    1. 1.エックスサーバーへの申込み 移転の場合は無料お試しを選択する
    2. 2.エックスサーバーに移転予定のドメインを追加
    3. 3.移転元サイトの一般設定でhttpsのサイトはhttpに設定を切り替える
    4. 4.エックスサーバー簡単移行機能に必要事項を入力
    5. 5.簡単移行でデータの移行ができたら移転元のサイトはhttpsに戻してテスト記事を作成しておく
    6. 6.hostsファイルの編集をして移転先サイトの確認作業(不要なら飛ばして下さい)
    7. 7.ネームサーバー(DNS)の切り替えをしてエックスサーバー側のサイトを表示させる
    8. 8.ネームサーバー(DNS)の変更が反映されてからSSL設定をする
  3. エックスサーバーへの移転でよくある質問
    1. 移転で失敗したら元のサーバーに戻せる?
    2. 移転元のWordPressサイトはどうする?消しても大丈夫?
    3. 移転先の確認は「動作確認URL」機能で良いのでは?
    4. エックスサーバーのお試し期間10日間は放置したら自動的に解約になる?

エックスサーバーへの移転(引っ越し)する前の注意点

注意事項

先に準備と注意点を紹介しておきます(とても大事です)。

注意点1.移転元のサイトがhttpsのサイト(SSL)の場合は先に設定を変更してhttpにしておく

エックスサーバーの簡単移行機能では移転元のURLを入力するのですが、「https://~」のサイトを移転する場合は移転後のサイトもhttpsのURLになります。

しかしながら、httpsのサイトのまま移転してしまうと、エックスサーバーでのSSL設定が済むまで移転先のサイトが確認できませんし、そのまま移転するとSSL設定が済むまでサイトが表示できません

SSL化設定中の画面1

要はエックスサーバーに移行したサイトを移転前に確認するため、それから表示されない時間をなくすためにhttpsのサイトは一度設定でhttpにしてから移転するという流れになります(その後移転元サイトはhttpsに戻します)。

httpsから一旦httpに設定するのは簡単でWordPressの一般設定の2箇所を変更するだけです。

WordPressアドレス変更

注意点2.移転元のサーバーのPHPのバージョンを最新にしてプラグインのエラーがないか確認

移転元で最新のPHPバージョンにしてない方は一度現在のサーバーでPHPのバージョンを最新に切り替えてみることをおすすめします。

移転先のエックスサーバーに移転するとPHPのバージョンが最新のWordPressになりますが、数年更新されてないようなプラグインはPHPのバージョンが変わるとエラーを吐くことが時々あります

私のサイトでも事前のバージョンを確認せず移転し、プラグインがエラーでサイトが表示されないケースがありました(プラグインを削除して対処しました)。

ということで現在のサーバーでPHPのバージョンを変更したことがないって方は一度最新のバージョンに変更してエラーがでないか確認しておくと良いです

注意点3.移転元サイトで相性の悪いプラグインを停止しておく

WordPress簡単移行機能を利用する前に元サイトで相性の悪いプラグインを停止しておきます。

具体的には以下2つです。

  • 「SiteGuard WP Plugin」
  • キャッシュ系のプラグイン

WordPress簡単移行機能ではWordPressにログインするためのユーザー名やパスワードが必要になります。

ところが、「SiteGuard WP Plugin」はログインURLを変更できるセキュリティー系のプラグインなので簡単移行機能がWordPressへログインできません(エラーがでます)。

という事で「SiteGuard WP Plugin」を使っている方はこのプラグインは停止しておきます(削除ではなく停止でOK)。

また、キャッシュ系のプラグインのキャッシュなどが邪魔になることもあります。

「WP Fastest Cache」や「WP Super Cache」など名前に「Cache」がつくプラグインは念のために停止しておくのが無難です。

POINT

  • 移転先の確認をするためにhttpsのサイトはhttpに設定
  • PHPのバージョンを最新にしてエラーがないか確認しておく
  • キャッシュ系のプラグインは移転前に停止しておく

エックスサーバーへ移転する流れ

簡単移行を利用した移転の大まかな流れを紹介しておくと以下のようになります。

工程が多く見えますが、移転自体は10分も要らないです。ただ、準備や確認作業に時間がかかります。

  • エックスサーバーへの申込み(無料お試し10日間あり)
  • エックスサーバーへ移転予定のドメインを追加する
  • httpsのサイトは設定で一度httpに戻す
  • WordPress簡単移行機能で移転
  • 元サイトはhttpsに戻してもOK
  • hostsファイルを編集して移転後のサイトをチェックする
  • 問題なければネームサーバーの設定を変更(切り替え)
  • SSL化設定

エックスサーバーの簡単移行の正式版だとホントに数分で移転が完了します。

移転をすると移転元とエックスサーバーで同じWordPressが2つできます

で、どちらのサーバーのサイトを表示するか?という設定が「最後のネームサーバー(DNS)」の設定です

なのでネームサーバーの設定を変更しない限りは移転元のWordPressが表示されます(表示されるのは1つなので重複なども心配ありません)。

万が一エックスサーバーの移転でトラブルがあってもネームサーバーを移転元のままにしておけば移転元のサイトが表示されますので、失敗やエラーなど心配する必要はありません。

1.エックスサーバーへの申込み 移転の場合は無料お試しを選択する

エックスサーバーの申し込みは以下2通りあります。

  • 通常の申し込み(無料お試しあり)
  • WordPressクイックスタート(無料お試しなし)

※移転する場合には通常のサーバー申し込み(無料お試しあり)を選択します。

エックスサーバー移転時の申し込み

申し込み方法は別記事で図解で紹介しているので自信のない方は参考にしてみてください。

【図解】エックスサーバーの申し込みから使い方までのまとめ

2.エックスサーバーに移転予定のドメインを追加

まずはエックスサーバーへ移転予定のドメインの追加をしていきます。

移転予定のドメインは現在移転元のサーバーで利用してますが、同じドメインをエックスサーバーにも追加する事ができます

エックスサーバーには「インフォパネル」と「サーバーパネル」がありますが、サーバーパネルの方にログインしておきます。

エックスサーバーのログインページ

サーバーパネルの右側の「ドメインの設定」をクリック。

エックスサーバードメイン設定

「ドメイン設定追加」のタブを選択し移転するドメインを追加。「無料独自SSLを利用する(推奨)」という部分のチェックは外して「確認画面へ進む」をクリック。

エックスサーバードメイン設定追加2

MEMO

「無料独自SSLを利用する(推奨)」という部分のチェックは外しておきます。

というのも、移転完了後にネームサーバーの切り替えをするのですが、ネームサーバーの切り替えが終わらないとSSLの設定はできません(設定失敗します)。

エックスサーバーSSL失敗

ドメイン設定の確認画面になるので「追加する」をクリック。

エックスサーバードメイン追加

以上でドメインの追加は完了です。

3.移転元サイトの一般設定でhttpsのサイトはhttpに設定を切り替える

前述したように移転後のサイトの確認と、移転後のSSL設定中のサイト表示ができない問題を解決するためにhttpsのサイトは一度httpに設定をします。

WordPressの管理画面から「設定」⇒「一般」と進み、「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」の部分を変更します。

「https」のURLは「http」に変更して保存。

WordPressアドレス変更

MEMO

自分で.htaccessファイルにHSTSの設定、プリロード設定をされてる上級者の方は、アドレス変更の前に一度HSTSの設定とブラウザのプリロードも解除しておいた方が良いかもです。

4.エックスサーバー簡単移行機能に必要事項を入力

エックスサーバーのサーバーパネルから「WordPress簡単移行」をクリック。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方1

ドメインの選択画面になるので、先程追加した移転するドメインを選択。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方2

「WordPress移行情報入力」というタブに切り替えて必要事項を入力。先程移転元のURLは「http」にしてあるので、URLはhttpを選択。入力できたら「確認画面へ進む」をクリック。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方3

内容を確認して「移行を開始する」をクリック。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方4

数分で移行が完了します。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方9

MEMO

「移行元WordPressのダッシュボードへのログインに失敗している可能性があります」とエラーが表示されて移行が上手くできないケースがあります。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方8

この場合の原因ですが以下4点を確認して再度挑戦してみて下さい。

  • プラグイン「SiteGuard WP Plugin」が停止されてない
  • 入力したユーザー名が間違っている
  • 入力したパスワードが間違っている
  • キャッシュ系のプラグインを停止してない

移転が完了したら「確認」をクリックして移転の内容を確認しておいて下さい。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方7

「確認」ボタンをクリックすると以下のような表示になります。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方10

これでエックスサーバー側に移転元と同じWordPressが作成されますが、まだネームーサーバーは設定切り替えしてないので、移転元のWordPressが表示されてます

5.簡単移行でデータの移行ができたら移転元のサイトはhttpsに戻してテスト記事を作成しておく

簡単移行機能で移行が完了したら移転元サイトの一般設定で、「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」をhttpに変更した方はデータの移行は完了しているので、URLを元に戻しておきます。

忘れやすいので「移転元」の設定をここで戻しておきましょう。

WordPressの管理画面から「設定」⇒「一般設定」です。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方5

さらに記事の新規追加で「移転元と分かるような記事」を作成しておきます(公開しない下書きでOK)。

エックスサーバーWordPress簡単移行機能の使い方6

※同じWordPressが移転元と移転先にあって分からなくなるので区別をつけるため(後で使います)。

6.hostsファイルの編集をして移転先サイトの確認作業(不要なら飛ばして下さい)

現段階で移転元とエックスサーバーにそれぞれ同じ状態のWordPressが2つできた事になります。あとはエックスサーバーでもきちんと同じように表示されるか確認する作業をしないといけません。

しかしながら記事冒頭でも説明したように最終的に「ネームサーバー(DNS)」を変更するまでは移転元でのWordPressが表示される訳です。つまり普段どおりにログインしてもそれは移転元の方にアクセスしてしまう。

ではどうやってエックスサーバーの方のWordPressにログインするかと言うとPCにある「hostsファイル」にちょっと設定を追加するだけでエックスサーバーの方のWordPressにアクセスできるようになります。

自分のPCの設定なので自分のPCからだけエックスサーバーのWordPressに接続できるというイメージです。

「hostsファイル」の記述に必要なのがエックスサーバーのIPアドレスです。先にこれを調べておく必要があります。エックスサーバーにログインして「サーバーパネル」にログイン。

エックスサーバーのログインページ

サーバーパネルのアカウントという項目の「サーバー情報」をクリック。

hostsファイルの編集手順1

表示される情報から「IPアドレス」の部分をコピーしてメモ帳等に貼り付けておきます。

hostsファイルの編集手順3

このIPアドレスが分かったら次はPCの「hostsファイル」を探します。

「hostsファイル」のある場所は次の通り。

Windows 10 → 「C:\Windows\System32\drivers\etc」
Windows 8/7/Vista/XP →「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc」
Windows 2000 →「C:\WINNT\system32\drivers\etc」
Windows 95/98/ME →「C:\Windows」

Macの場合hostsファイルの場所は以下です。

/private/etc

PCのスタートメニューから検索してみると「etc」というフォルダがあり、その中に「hosts」というファイルがあります。

hostsファイルの書き換え方法

まず「hosts」ファイルをwindowsのメモ帳で開くのですがメモ帳を開く時に右クリックをして「管理者として実行」をクリック。

メモ帳を管理者として開く

ユーザーアカウント制御「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」と表示されるので「はい」を選択。

選択するとメモ帳が開くので左上の「ファイル」⇒「開く」をクリックして、画面上のメモ帳の検索窓に「C:\Windows\System32\drivers\etc」を入力して検索(windows10の場合)。コピペでOK。

メモ帳をからhostsファイルを検索1

後はメモ帳の右下にある「テキスト文書」という部分を「すべてのファイル」に変更すると「hosts」ファイルが登場。

メモ帳をからhostsファイルを検索2

出てきたhostsファイルを開いて、一番下に先ほど調べた「IPアドレス」と「自分の移転するドメイン」を記述します。例えばこんな風に。

127.0.0.1 dokidome.com
127.0.0.1 www.dokidome.com

IPアドレスとドメインは自分物に書き換えて「hosts」ファイルの一番下に追加。

IPアドレスとドメインの間には半角のスペース入れて「#」は付けないように

hostsファイルの書き換え

これでhostsファイルを「上書き保存」したらOK。

hostsファイルの編集後、移転先のWordPressへログインできるか確認する

「hosts」の編集をしてから移転サイトへログインすると、エックスサーバー側(移転先)のWordPressへログインできるはずです。

ただ、移転元も移転先も同じWordPressなので、どちらにログインしているか?は見分けが付きません。

どちらのWordPressにログインしているか?を判別するために移転元サイトにはテスト記事を追加しておきましたよね

確認のためログインして記事一覧を確認

  • 移転元に追加したテスト記事があれば移転元
  • テスト記事がないなら移転先

という見分け方ができます。

httpsからhttpに変更して移転した方は移転元だけ「https」に戻してますので、一般設定が「https」なら移転元「http」なら移転先という見分け方もできます。

移転先のサイトにログインできない場合

hostsファイルの編集をしているのに、テスト記事のある方(移転元)が表示されている場合は一度PCの再起動をすると移転先のWordPressに入れます。それで駄目ならサーバーのIPアドレス間違えてないか確認して下さい。

また、「このサイトは安全に接続できません」と表示される場合、

ロリポップのサイト確認

上記のような画面が表示される場合はURLが「https」でアクセスしてるので、URLを「http」に変更して再度検索してみてください。

ロリポップのサイト確認1

以上でhostsファイルの編集も完了!

移転先のサイトの確認し、問題なければhostsファイルの記述を戻す

エックスサーバーの動作確認は念入りにしておきます。

全てのページ、管理画面、プラグインでエラーができないか?など確認してみて下さい。

確認作業が終了し、問題ない場合には「hosts」ファイルは追加した記述を削除して元に戻しておきましょう

移転先の表示が問題なければ最後にネームーサーバー(DNS)の切り替えでエックスサーバー側のWordPressを表示するように設定していきます。

7.ネームサーバー(DNS)の切り替えをしてエックスサーバー側のサイトを表示させる

前述したようにネームサーバーを切り替えるまでは移転元のWordPressサイトが表示されてますので、エックスサーバー側のWordPressを表示するようにネームサーバーの切り替えをしていきます。

今回はムームードメインを例にネームサーバー変更をしてみますが、どのドメイン業者さんもやり方はほとんど同じです。自分のドメインを管理している業者さんの所で変更をしてみて下さい。

ムームードメインの場合はログインしてコントロールパネルから移転する対象ドメインの「ネームサーバー設定変更」をクリック。

ネームサーバー設定の変更方法1

「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」の部分のネームサーバー1~5に以下のようにエックスサーバーの情報を入力(みんな共通です)。

ネームサーバー設定の変更方法2

ネームサーバ1 → ns1.xserver.jp
ネームサーバ2 → ns2.xserver.jp
ネームサーバ3 → ns3.xserver.jp
ネームサーバ4 → ns4.xserver.jp
ネームサーバ5 → ns5.xserver.jp

参考:ネームサーバーの設定|エックスサーバー

変更できたら「ネームサーバー設定変更」をクリック。

以上でネームサーバーの設定変更が完了ですが、ネームサーバーの変更の反映には時間がかかる場合があります

大体数時間以内が多い印象です(遅いときは1日以上かかる事もあります)。

ネームサーバーを変更してもすぐには反映されません。そのため、移転元のサイトが表示されたりエックスサーバー側のサイトが表示されたりという事がおきます

ネームサーバーの変更が1日以上かかる場合もありますので、記事の追加などは数日待った方が良いです。

以上でネームサーバーの設定変更は完了です。

最後にSSL設定(http→https化)をしていきますが、移転元でSSL設定してない方はここで移転は完了になります。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

8.ネームサーバー(DNS)の変更が反映されてからSSL設定をする

エックスサーバーでは無料でSSL設定ができます。移転元サイトでSSL設定していた方(URLがhttpsになっていた方)はエックスサーバーのSSLの設定もしておきます。

ただし、SSLの設定はネームサーバーの切り替えが反映されてからです(反映されてない間はSSLの設定は失敗します)。

エックスサーバーのサーバーパネルから「SSL設定」をクリック。

エックスサーバーでのSSL設定の手順1

SSL設定するドメイン(移転したドメイン)を選択。

エックスサーバーでのSSL設定の手順2

独自SSL設定追加のタブに切り替えて「追加する」をクリック。「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」の部分はチェックいれなくてもOKです。

エックスサーバーでのSSL設定の手順3

MEMO

エックスサーバーの無料独自SSL化(Let’s Encrypt)ですが、個人のサイトやブログの場合は、CSR情報は特に必要ありませんので、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」の部分はチェックいれなくてもOKです。

SSLの設定は1時間程度で完了します。

エックスサーバーでのSSL設定の手順6

エックスサーバーでのSSL設定の手順7

MEMO

1時間後くらいにhttpではなく「https://自分のドメイン」で移転したサイトにアクセスしてみてきちんと表示されていればSSL設定は完了してます。

逆にSSL設定が済んでいない場合はhttpsのURLでアクセスすると以下のような画面になります。

SSL化設定中の画面1

上記の画面になる場合はもうしばらく待ってから再度確認して下さい。

SSLの設定が完全に済んだら移転先(エックスサーバー側)のWordPressにログインして一般設定のアドレスを「https」に変更します。

エックスサーバーでのSSL設定の手順5

以上で移転元からエックスサーバーへの移転は完了です。

エックスサーバーへの移転でよくある質問

移転での質問はかなり多いのでよくある質問をまとめておきます。

移転で失敗したら元のサーバーに戻せる?

元のサーバーに戻せます。

移転しても元サーバーでのデータがで消えるわけではありません。

前述したように移転すると元サーバーと移転先で同じWordPressが2つできます。

どっちのWordPressを表示させるか?というのは最後の「ネームサーバー(DNS)の設定」です。

なので移転先のWordPressでトラブルがあるようであれば、再度ネームサーバー(DNS)の設定を変更して元サーバーのWordPressを表示すれば問題ありません。

ただ、ネームサーバーの切り替えをしても反映にしばらく時間がかかります。

移転元のWordPressサイトはどうする?消しても大丈夫?

エックスサーバーへ移転してネームサーバー(DNS)の切り替えまで終わったら移転元のWordPressはもう消してもOKですが、しばらく残しておく事をおすすめします。

移転元のWordPressは移転した時点のまま残ってますので、バックアップになります。

エックスサーバーで間違ってサイトを削除してしまったなどのトラブル時にネームサーバーを切り替えれば移転時点の移転元のサイトを表示する事もできます。

もちろん移転後に移転元のサイトを消してもOKですが、その前に一度バックアップを取っておくと安心です。

移転先の確認は「動作確認URL」機能で良いのでは?

エックスサーバーだけでなく、他社サーバーでも移転後のサイトを確認する「動作確認URL」という機能があります。

各サーバーの「動作確認URL」というのは普通のホームページのような静的なページの確認をするための機能なので、WordPressのような動的サイトの確認は正確にできません

また、「動作確認URL」では移転先の管理画面もログインして確認ができません。

そのため、WordPressの移転には「動作確認URL機能」ではなくて、hostsファイルの編集という手順が必要です。

自分のPCのhostsファイルを編集すると自分のPCだけ移転先のサーバーに構築したWordPressを確認できます(管理画面も含めた全てのページ)。

ちなみに「動作確認URL」について実際に問い合わせてみたのですが、複数のサーバー様で同じ回答です。

↓エックスサーバー

動作確認URLについては別URLにてWeb表示を確認できる機能となりますが、WordPress等CMSについてはデータベース、CSS等もあり本来のURLと不整合が発生することから正常に確認することが難しいものとなります。

つきましてはWordPressの表示確認についてはhostsファイルを設定しご確認いただくようお願いしている状況となります。

↓ConoHa Wing

動作確認URLで正常に確認が可能となりますのは静的ファイルのみとなります。

現在、動作確認URLを設定されている「◯◯◯◯.com」はWordPressにて運用されているようでございますので、正常に閲覧がかなわない場合がございます。

このため、hostsをご利用の上で動作確認を行ってくださいますようお願いいたします。

※どのような方法で移転しても移転先の確認方法は同じです
※確認作業は必要ないって方はこの手順は飛ばしても構いません。

エックスサーバーのお試し期間10日間は放置したら自動的に解約になる?

お試し期間中だけ利用するという場合ですが、料金の支払いがなければ自動的に解約になりますので心配いりません。

Q1.無料お試し期間を解約なしで終了した場合のデメリットはありますか?必ず解約する必要があるのでしょうか?

A1.上記につきましては特にデメリットはございません。無料お試し期間の解約手続きされていない場合は更新手続きの通知が届くのみとなります。

以上エックスサーバーの「WordPress簡単移行機能」の使い方と移転の手順、それから注意点でした。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました