エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順

エックスサーバーSSL化

今回はエックスサーバーで独自SSLを導入する手順について紹介していきます。

WordPressインストール前に設定してからでも良かったんですが、1記事読み飛ばす方もいるかな?と思ってWordPressインストール後のタイミングでSSL化する記事を入れておきます。

さて、ちょっとおさらいしておくと、2014年8月「HTTPSを検索順位を決定する際の判断指標に利用する」とGoogleが公式に発表しました。

「HTTPS をランキング シグナルに使用します」

ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、「すべて」のサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

参考:ウェブマスター向け公式ブログ

HTTPのサイトをHTTPSに切り替えると検索順位で有利になるし、安全なサイトというアピールにもなります

SSL化(HTTP化)したサイトだと安全な情報の送受信ができます(情報を暗号化して送受信するため)。

これまではネットショッピングなどの申込み・購入の際に、個人情報やクレジットカード番号、メールアドレスなどの大切なデータ情報をやり取りするサイトだと必須でしたが、今後は個人のブログなども全てhttps化が当たり前になる流れですね。

通常SSL化するにはSSLサーバー証明書というのが必要で「有料」。しかも数ヶ月単位もしくは1年単位で更新する必要がありますが、エックスサーバーでSSL化する場合には「無料」で、しかも「更新が自動」で簡単。手間がありません

という訳でこのブログもエックスサーバーへ移転しhttps化しました。鍵マークをクリックするとこんな感じ。

エックスサーバーSSL設定-2

こんな感じで「保護された通信」で「鍵」が表示され区別されてます(Chromeの場合)。

一方でSSL化していないhttpのサイトの方は「i」のようなマークが表示されて、これをクリックするとこんな感じ。

エックスサーバーSSL設定-3

こんな風に差別化されてきています。

アフィリエイトブログで商品やサービスを紹介しても
「このサイト経由で購入しても大丈夫?」
「このサイト経由で申し込みしても大丈夫?」
という感じで思われてユーザーを不安にさせる可能性は大きいかなと思いましたので私もSSL化を導入してます。

という訳でSSL化(HTTPS化)するのですが、SSL化するなら最初から対応しておいた方が楽。

既に記事を書いているという状態だと、httpの時に記事に掲載していた画像のURL、内部リンクのURLなどのURLを修正(httpからhttpsに修正)する必要があるので、スゴく面倒なんですよね。

そのため、今回はこの面倒な作業を避けるためにWordPressを最初からHTTS化してからブログを始めようという記事になります。

要はまだ1記事も書いてないよって方向けの記事です

スポンサーリンク

エックスサーバーで独自SSL化の手順

それでは早速エックスサーバーでの独自SSL化設定をしていきます。

エックスサーバーは独自SSL導入が無料ですし、更新も自動で行ってくれるのでありがたいですね。

独自SSL設定

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインしてドメインの部分の「SSL設定」をクリック。

エックスサーバーSSL設定-5

SSL化するドメインを選択して「選択する」をクリック。

エックスサーバーSSL設定-6

上のタブを「独自SSL設定の追加」というタブに切り替えてドメインを確認します(www付きのURLになってますがこれでOK)。

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れる所がありますが、普通の個人ブログであればチェックを入れなくてもOK(私もチェック入れてません)。入力できたら右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

エックスサーバーSSL設定-7

以上でとりあえずSSL設定は完了。

MEMO

ちなみに最近は最初にドメインの設定をする時にSSL化も同時にできるようになってますのでこの部分の設定は気づかない内にやってる方もいるかもです。

既に設定されている場合は設定済みだよって表示がでます。

エックスサーバーSSL設定-8

設定済みの方も残りの設定やっていきますので、このまま読み進めて下さい。

SSL化の設定したら以下のような画面になるので少しそのまま待ちます。

エックスサーバーSSL設定-9

数秒で以下のような画面になりますので「戻る」をクリック。

エックスサーバーSSL設定-10

上のタブを「SSL設定の一覧」に切り替えて、「SSL用アドレス」というURLをクリック。

エックスサーバーSSL設定-11

また設定が反映されていないため、以下のような画面になります。

エックスサーバーSSL設定-12

最大で1時間。反映されるのを待ちます。

反映されてブログが表示されたら次へ。

一般設定を変更

最後にWordPressの設定を変更するのですが、変更した後に再度ログインが必要になりますので、ログインのユーザー名とパスワードを事前に確認しておいて下さい

SSLの設定が反映されて、httpsのURLで自分のブログが表示されたらWordPressへログインして「設定」⇒「一般」と進みます。

エックスサーバーSSL化-9

一般設定の中に「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」という項目がありますので、この2箇所のURL(http)を両方とも「https」に変更。

URLに「s」を追加するだけなんですが、大文字の「S」とかで間違わないように注意。ここのURL間違うとログインできなくなる事があります

エックスサーバーSSL化-10

変更できたら保存して完了。

すると再度ログイン画面になりますので、改めてログインしてブログを確認。問題なければOK。

httpのURLをhttpsにリダイレクト

とりあえずhttpsのサイトに切り替えはできますが、httpでもサイトが表示できるので、これをhttpsに統一します。

インフォパネルにログインして「ファイルマネージャー」にログイン。

エックスサーバーSSL設定-13

自分のドメイン名があると思いますのでそれをクリックし、「public_html」⇒「.htaccess」まで行き、「.htaccess」の横のチェックボックスにチェックを入れて「編集」をクリック。

エックスサーバーSSL設定-15

「.htaccess」ファイルの先頭に以下のコードを追加。

こんな感じになりました。

エックスサーバーSSL設定-16

追加できたら保存してサイトを表示してみて下さい。httpでアクセスできるか確認するとhttpsに飛ぶようになっているはずです。

以上エックスサーバーのSSL化でした。

次回はWordPressの仕組みを把握するためにちょっと構造を紹介していきます。

最初にWordPressの構造を見てみよう

以上エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順でした。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順”に13件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


  1. スライム

    ありがとうございます。
    すぐに独自SSLの導入ができました。
    大変助かりました。m(_ _)m