【図解】エックスサーバーの申し込みからWordPressブログの始め方、使い方まとめ

レンタルサーバーXSERVER(エックスサーバー)

レンタルサーバー「エックスサーバー」の使い方をまとめたページです。

エックスサーバーの申し込みからWordPressブログの始め方、テーマの選択・設定・プラグイン導入まで紹介していきます。

初心者の方でも簡単にWordPressでブログを始める事ができるようになってますのでそれも含めて解説していきます。

※PC、スマホ、ipadなどのタブレットからでもやり方は同じです。

MEMO

キャンペーンで安く始めることができる場合がありますので、最初にキャンペーン内容や期間を「必ず」確認しておいてください。

※7月21日(木)18:00までのキャンペーンあり

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバー申し込みの手順と流れ

エックスサーバーでは2020年4月から「WordPressクイックスタート機能」が提供されてます。

通常WordPressを始めるのに以下の手順が必要になります。

  • レンタルサーバーへの申込み
  • ドメインの取得
  • ドメインの設定やDNSの設定
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

「WordPressクイックスタート」であればドメイン取得も含め上記の5つの工程がほぼ省略する事ができるので、初心者の方でも迷う部分がありません。とっても簡単!

chisa
初めてエックスサーバーの申し込みをしてWordPressを始めるという初心者の方には「クイックスタート」がダントツにおすすめです
↓クイックスタートのやり方はこちらの記事↓
エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」申し込み方法からブログを始める全手順
【完全図解】WordPressのクイックスタート機能で簡単にWordPressで...

※以下はクイックスタートではなくて、通常のお試し期間ありの申込み方法を紹介していきます

エックスサーバーへの申込み

まずは「エックスサーバーの10日間無料お試しページ」を開きます。

エックスサーバー10日間無料お試し申込みページ

エックスサーバーの申し込みページを開いたら「サーバー無料お試し10日間」という部分の「申し込み」という部分をクリックします。

エックスサーバー申し込み方法と流れ2

次にサーバーID(初期ドメイン)やプランなどを決めていきます。

サーバーID(初期ドメイン)の決め方はどんなふうに決めたらいい?

サーバーIDには最初から適当な文字列が割り当てられていますが、自分で自由に決めることも可能です。

サーバーid

サーバーID(初期ドメイン)はアカウント名のようなものなので自由に決めてOKです。

このサーバーIDは初期ドメインとしても使えるのでこの初期ドメインでサイト作成もできます。もちろんWordPressも。

ただ、この初期ドメインはサーバー契約の間だけ使えるもの。つまりサーバーを解約するとこの初期ドメインも使えなくなります。

そのため、通常は初期ドメイン(サーバーID)ではなくて自分で取得したドメインを使ってサイト運用します

なので最初に書いたようにサーバーIDは「ログインするためのアカウント名」みたいなものと思っておいてOKです

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

プランの選択

プラン選択ですが個人利用でWordPressという方のプランは「スタンダード」で十分です。

エックスサーバープラン選択1
※今回はクイックスタートは利用しないのでチェックを外してます

入力できたら「Xserverアカウントの登録に進む」をクリック。

エックスサーバー申し込みフォームの入力

ここから必要事項の入力になります。

メールアドレス、氏名、住所、電話番号など必要事項を入力。

エックスサーバー登録申し込みの流れ4

必要事項を入力できたら一番下の「利用規約」にチェックを入れ、「お申し込み内容の確認」をクリック。

エックスサーバー登録申し込みの流れ5

最後に申し込みの確認画面になるので、間違いがなければ「お申し込みをする」をクリック。

エックスサーバー登録申し込みの流れ6

追記:SMS認証・電話認証(自動音声認証)の入力

2019年の4月より申し込みフォームにSMS認証・電話認証(自動音声認証)が導入されました

申し込みの最後に認証が必要になります。テキストメッセージ(SMS)もしくは音声認証(自動音声)を選択して受信します。

エックスサーバー申し込みの流れと手順まとめ10

後は受信した認証番号を入力したらOKです。音声認証は電話がかかってくるので自動音声の認証番号を聞いて入力。

エックスサーバー申し込みの流れと手順まとめ11

以上で申し込み登録は完了。

登録したメールアドレスにIDやパスワードが書かれた大事なメールが届きます。大事なメールなので大事に保存しておいて下さい

エックスサーバー登録申し込みの流れ7

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

※ドメインの設定からWordPressのインストールは以下記事で図解してます。

エックスサーバーで独自ドメインの設定からWordPressインストール、SSL設定までの流れ
今回はエックスサーバーで独自ドメインの設定をしてWordPressをインストール...

エックスサーバーの無料お試し期間だけ利用する場合は解約する必要がある?

エックスサーバーの無料お試し期間ですが、気に入らない場合や、お試し期間の利用だけするという場合にはそのまま放置でもOKです。

一応念のために問い合わせで確認もしてみました。

Q.無料お試し期間を解約なしで終了した場合のデメリットはありますか?必ず解約する必要があるのでしょうか?

A.上記につきましては特にデメリットはございません。無料お試し期間の解約手続きされていない場合は更新手続きの通知が届くのみとなります。

ということで期間が過ぎれば自動的に解約になりますので安心です。自動的に継続になったりはしませんので安心ですね。

エックスサーバーでの料金支払いの方法。お試し期間後の払い忘れに注意!

エックスサーバーでは10日間お試し期間があります。このお試し期間10日間の間に料金を支払わなければそのまま自動的に解約になります

この料金の支払いを忘れるとサーバーが使えなくなってしまい、サイトが表示されなったりしますので、忘れない内に料金の支払いをしておきましょう。

また、契約期間が終わるとさらに更新が必要になります。この次回の更新も忘れないように自動引き落としの設定もしておきます。

エックスサーバーの「Xserverアカウント」へログインして、「料金支払い」の項目をクリック。料金を支払うIDにチェックをいれて「更新期間」を選択し、「お支払い方法を選択する」をクリック。

エックスサーバー料金支払い方法1

「銀行振込」「クレジット」「コンビニ」「ペイジー」の中からお好きな支払い方法を選択する事ができます。今回はクレジットを選択しました。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ4
※WordPressクイックスタートで申し込みした方は支払い方法は「クレジットカードのみ」になります。

料金を確認し、クレジットカードの情報を入力して「カードでのお支払い(確認)」をクリック。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ5
※今回私のは新規ではなくて更新なので初期費用が含まれてません。

最後に確認画面になるので、間違いがなければ「カードでのお支払い(確定)」をクリック。

以上で料金の支払いは完了です。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

※ドメインの設定からWordPressのインストールは以下記事で図解してます。

エックスサーバーで独自ドメインの設定からWordPressインストール、SSL設定までの流れ
今回はエックスサーバーで独自ドメインの設定をしてWordPressをインストール...

エックスサーバーの基礎知識と使い方

MEMO

キャンペーンで安く始めることができる場合がありますので、最初にキャンペーン内容や期間を「必ず」確認しておいてください。

※7月21日(木)18:00までのキャンペーンあり

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーとは?他のレンタルサーバーとの違い

エックスサーバー進化

エックスサーバーは安定した環境と実績で運用サイト数は170万サイト以上、ハイスペックで高速な定番レンタルサーバーです。

魅力1:ハイスペックで国内最速のサーバー

エックスサーバー速度ナンバーワン

エックスサーバーは2020年2月27日よりスペックが増強されAMD EPYC(Rome世代)とオールNVMe SSDを採用した、「国内最速」をうたう高性能レンタルサーバーとなっています。

オールSSDやピュアSSDと呼ばれる従来のサーバー環境と比較し、読み込み速度が最大で14倍以上に向上してます。もちろんサイトの表示速度も高速化。

さらに、搭載メモリを従来の256GBから512GBへ倍増し、プログラムの処理性能も高速化されてます

今回(2020年2月)の増強で以下のようにパワーアップしました。

  • CPU: 24コア→48コア
  • メモリ: 256GB→512GB
  • ストレージ: オールSSD→オールNVMe

これまでも十分速かったエックスサーバーさんが「速い」⇒「めちゃくちゃ速い」になった感じですね

エックスサーバースペック上げ

また、エックスサーバーではサイトの高速化のための機能がいくつか提供されてます。

独自開発のサイト高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」や「ブラウザキャッシュ設定」「mod_pagespeed設定」など設定画面にオンにするだけでサイトの高速化が完了しますので初心者の方でも簡単に高速化できます。

エックスアクセレレーター

魅力2:安定した環境と実績で運用サイト数は170万サイト以上!

エックスサーバーシェアナンバーワン

個人的にレンタルサーバー選びで一番重要視している部分なんですが、安定した環境と実績はホントに大事です

障害が多くてサイトが表示されないトラブル、不正アクセスでデータ改ざん、データ消失など、レンタルサーバーではとても怖いトラブルが発生することがあります。

最近では新しい魅力的なスペックのレンタルサーバーサービスも多数出てきてますが、16年以上積み重ねた豊富なノウハウと確かな技術力という点ではエックスサーバーが安心です

これまで様々な大きなトラブルもなく運営できているエックスサーバーはやはり安心感があります。

魅力3:全自動バックアップ

レンタルサーバー

サイトやブログを運営していると思いもしないトラブルがあります。

新しいサイト作成する時に既存のサイトデータの上から新しいWordPressインストールしちゃうなんて事もありますし、別のサイトと間違えてデータ削除しちゃったなんて事もあったりします。

もちろん自分でもバックアップをしながらサイト運営するのが基本なんですが、そういう時に限ってバックアップとってない!!

エックスサーバーではサーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能にも全プラン標準で対応していますので、万が一のトラブルにも対処できます

※全プラン標準で対応しています。

魅力4:エックスサーバーのサポート体制は素晴らしい!


エックスサーバーのサポートですが、24時間365日メールサポート受付。メールでのお問い合わせには、必ず24時間以内に対応。

もちろん電話サポート(土日祝除く)もあります。

個人的にサポートはよく利用してますが、エックスサーバーのサポートはメールも電話も利用しますがどちらもホントに素晴らしいです!

毎回、知識も経験も豊富なんだろうなって方に当たるので多分そういう方がサポートしている印象です。

難しい内容、専門用語でも難なくスムーズに理解されてる感があるのは毎回ホントの意味でサポートされてるって感じがしますので個人的におすすめです。

魅力5:初心者でも簡単にWordPressブログを始められるクイックスタート機能

初心者でも簡単にエックスサーバーでWordPressを始める手順【WordPressクイックスタート】

2020年4月より初心者でも簡単!わずか1分の手続きで独自ドメイン&SSL対応のWordPressブログを始められる「WordPressクイックスタート」の提供が開始されました

これまでWordPressを始める場合には以下のような手順が必要でした。

  • レンタルサーバーへの申込み
  • ドメインの取得
  • ドメインの設定やDNSの設定
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

今回提供開始された「WordPressクイックスタート」であれば上記の5つの工程がほぼ省略する事ができるので、初心者の方でも迷う部分がありません。とっても簡単!

POINT

  • スペックが大幅に増強され国内最速のサーバーに
  • 安心・安全で16年の実績のあるレンタルサーバー
  • 自動バックアップ機能付き(全プラン標準装備)
  • サポートが素晴らしい
  • セキュリティー設定でスパム・不正ログイン対策可能
  • クイックスタート機能で簡単にWordPressがスタートできる

上記も踏まえた上で200GBのハイスペックなサーバーが月額900円~しかも独自SSLが無料というのはコスパ最強です

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーのプランはどれがいい?プランと料金を比較。個人利用ならスタンダードプランで十分

エックスサーバーでは「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」の3つのプランがありますが、個人利用のWordPressであればスタンダードプランで十分です。

基本レンタルサーバーの場合は初回は契約期間の料金を一括払いになるところが多いので料金を確認しておくことをおすすめします。

初回だけの初期費用も計算して料金がどれくらい必要になるか計算しておきます。

※初期費用や月額費用はキャンペーンで安くなる場合がありますので先にキャンペーンを確認しておくことをおすすめします。
エックスサーバーキャンペーンページ

注意点

  • 初回だけ初期費用3,000円がかかります
  • 初回だけは「合計金額の一括払い」になります。
契約期間初期費用(税込)料金(税込)合計(税込)
3ヶ月3,300円1,320円×3ヶ月7,260円
6ヶ月3,300円1,210円×6ヶ月10,560円
12ヶ月3,300円1,100円×12ヶ月16,500円
24ヶ月3,300円1,045円×24ヶ月28,380円
36ヶ月3,300円990円×36ヶ月38,940円

ちなみに初回は一括払いですが、その後はカードの自動更新設定をしておきます。

自動更新なら毎月ちょっと割安で1,000円(税込1,100円)ずつ支払いしていく形になります。

エックスサーバー更新費用
※自動更新しない場合は手動更新で料金支払いが必要です(料金的にちょっと割高)。

以上エックスサーバーの申込みと始め方でした。

MEMO

キャンペーンで安く始めることができる場合がありますので、最初にキャンペーン内容や期間を「必ず」確認しておいてください。

※7月21日(木)18:00までのキャンペーンあり

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました