アフィリエイトで稼ぐ方法のまとめ

アフィリエイトで稼ぐ方法

ブログアフィリエイトやネットで稼ぐ方法まとめページです。ようやく手持ちのサイトの合計収益が一ヶ月で7桁を超えるようになり、このブログの総コメント数も3000を超えました。ありがとうございます!

コメント数

という訳で、ブログで稼ぐ仕組み、アフィリエイトの始め方や必要な基礎知識や具体的な稼ぎ方、集客の方法やコツ、サイトの作り方まで全て分かりやすくまとめてみました。

アフィリエイト初心者向けのコンテンツも用意してますので、まずは基礎的な部分で土台を作って挑戦してみて下さい。

アフィリエイトの始め方

おすすめのASP

ブログのカスタマイズ

稼ぐためのブログの作り方や具体的な手法

集客やアクセスアップ関連記事

無料の便利ツール

無料ブログからの引越し方法

レンタルサーバーの比較と移転方法

初心者が知っておくと便利な知識

アフィリエイターに必須!?記事やイラストなどを外注する方法

現在作成中のサイト

2016年7月現在、新しいサイトの作成中です。美容系(オールインワンゲル)のサイトで20記事程度ですが、今後記事の追加、編集、構成、デザインなど少しずつ改良していく予定です。少しは参考になる部分があればいいなと思ってます。

WordPressでTwenty Twelveのテーマを利用してカスタマイズしていきます。
オールインワンゲル人気ランキング!口コミと体験レビューで比較

最終更新日:2017/06/10

サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

アフィリエイトで稼ぐ方法のまとめ”に624件のコメントがあります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. 乃風

    しげぞう博士様

     ショートコードの件、やはり、そういうことだったのですね。よくわかりました。

     ショートコード、今しがたやってみたのですが、うまく行きました。「おー!」っと思いました。妙に感動してしまいました。(*^_^*)

     楽天、アマゾンはやはりそうだったのですね。そうなると、恐らくヤフーもそうだと思います。ヤフーをどうするか・・・ですよね(困ったなぁー・・・)。

    「カエレバ」は以前にやってみたのですが、その設定段階でよくわからず、そのままになっています。せっかくなので、さっき教えていただいた、しげぞう博士の記事(カエレバ)を見てみますね。

    そうですね。商品の紹介リンクだけでもいいかなぁー・・・といういう気になってきました。ともあれ、本当にありがとうございました。

  2. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    そうです。functions.phpで1500円を1000円に変更すれば「kakaku-1」で呼び出した部分は全て1000円に変更されます。要はfunctions.phpで一括管理できます。なので「kakaku-1」「kakaku-2」みたいにそれぞれ同じようなショートコード作って管理すれば複数の商品の価格も管理できますので分かりやすい名前がいいです。

    それから価格の変更ですが、基本的に価格の変更などはメールでお知らせがあります。ただ、楽天やAmazonの商品とかだとお知らせはないと思いますので、そういうAmazonや楽天などの商品はカエレバなどで商品リンクを作成しておけばOKかと思います。Amazonや楽天は価格変動が結構あるので、毎回調べるよりも商品の紹介リンクだけ設置しておくのが良いと思います。

  3. 乃風

    しげぞう博士へ

    なるほど、何となくよくわかりました。ありがとうございました。

    だた、今一よくわからないのですが・・・。例えば、記事内の1ページ目と3ページ目で、それぞれに「kakaku-1」で設定して、金額をfunctions phpの方で、1500円から1000円に変更したとしたら、記事内の1ページ目と3ページ目のその「kakaku-1」が同時に1000円に変更になる・・・という解釈でいいのでしょうか?

    現在、A8ネット、バリューコマース(ヤフー)、もしもアフィリエイト(楽天とアマゾン)と提携しているのですが、商品の値段が変わった時、その都度(私に)知らせてくれるのでしょうか? 特に、「バリューコマース」と「もしもアフィリエイト」については、運営方法や取り扱う商品の量も多いため、どうかなぁー・・・という気もするのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

  4. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    勘違いすみません(笑)えっと簡単に説明できるやつで説明すると、functions.phpに以下のコードを追加します。

    function YenFunc() {
        return "1500円";
    }
    add_shortcode('kakaku-1', 'YenFunc');

    上記のコードはショートコード(呼び出すコード)に「kakaku-1」という名前を付けていて、returnの部分の「”1500円”」が呼び出される数値。ここは自分の好きな名前に変更できます。

    それで上記のようにfunctions.phpに追加できたら保存。次は記事中でコードを呼び出します。

    さて、この名前を使って記事中でコードを呼び出しします。呼び出す時は記事の呼び出したい場所で次のように名前で書きます。

    [kakaku-1]

    それで一度保存して表示させてみると呼び出しコードを書いた所に1500円と表示されます。
    つまり、価格の変更があった場合にはfunctions.phpの1500円の部分だけ変更すれば全ての呼び出しコードの内容が変更されますので楽です。ちょっとややこしい説明ですみません。

    今回はkakaku-1とかでショートコード作りましたが、商品名ごとにたんさん作っていくと複数の商品の価格変更でもすぐに対応できます。