アフィリエイトで稼ぐ方法のまとめ

アフィリエイトの始め方と稼ぐ方法まとめ

アフィリエイトの始め方や基礎的な知識、具体的な手法などアフィリエイトで稼ぐ方法まとめページです。

2013年よりアフィリエイトをスタートして頂いたコメント数も4000件を超えました。

コメント数12月

現在はGoogleのアップデートもなんとか乗り越えながら法人化することもできました。いつもありがとうございます。

アフィリエイトブログの始め方と基礎知識

ブログ作成の基礎知識とカスタマイズ

ブログ作成や集客に役立つ知識

画像素材の探し方編集方法など

アフィリエイトの色々な案件

無料の便利ツール

ブログ運営やアフィリエイトに役立つ無料のツールを紹介。

アフィリエイト専業で8年間生き残っている私が使っている無料ツールたち
今回は私がアフィリエイトのサイト作成に利用しているツールを紹介していきます。 ...

無料ブログからの引越し方法

レンタルサーバーと移転方法

コメント

  1. しげぞう より:

    >sino様

    コメントありがとうございます。カテゴリーは最初に大まかにしか分けていません。結構適当にやってます。記事が増えてきたところで新たにカテゴリーを分けているのですが、「カテゴリー名」でも上位表示されているカテゴリー名もあるのでそういう部分はあまりつつかない方がいいかなと思っています。本当は最初にしっかり考えておけばよかったのですが、あとから結構コンテンツが増えたのでちょっと放置しています。今後新たにカテゴリーは振り分けをするかもしれませんが、それはもう少し記事が増えてからにしようと思っています。

    カテゴリーは最初からきちんと振り分けようと思うと結構難しいので記事をある程度まとめてからカテゴリーは分けるようにしていますが、記事が増えてくると振り分けが難しくなってきますね。あまり参考にならなくてすみません。個人的にはカテゴリーは後から振り分けをしております。

  2. sino より:

    シゲゾウさんいつも充実した分かりやすいコンテンツの提供ありがとうございます。
    ご質問なのですが、トップページから目次タグで初心者にも分かりやすく情報を
    ご提供いただいているのですが、カテゴリー分けはどのようにされているのでしょうか?
    アメブロアフィリエイト群やシーサブログ群は統一されたカテゴリーなのですが、
    初心者に必要な基礎知識や稼ぐためのサイトの作り方や具体的な手法の記事の
    カテゴリは統一されていないですよね。私もブログを作ろうとしているのですが、
    目次ページ作成のタイトルと実際のカテゴリーの振り分けがどうも分かりません。
    どのように作られているのでしょうか?初めに記事を作成してどのカテゴリーに
    入るのかを決めているのでしょうか?差し支えない程度で構いません。教えていただけたらありがたいです。

  3. より:

    >しげぞう様

    こちらこそ丁寧なご回答ありがとうございました。非常に参考になります。

    なるほど、無料オファーに限らず、商品単体でピンポイントに攻めるよりも、ある程度幅のあるジャンルでキーワード選定した方がいいんですね。後者の方が、より多くのキーワードで上位表示が狙えるでしょうしね。

    また、キーワード選定の切り口を変えるという手法も参考になります。確かに、あるキーワードを直接使うのではなく、それと関連する別のキーワードで攻めるというのも有効だと考えられますよね。言われてみるまで気づきませんでした。

    後発で参入しても強いライバルサイトに勝つことができるというのは、何よりしげぞう様がこのブログや他のブログで証明されていましたね。作業量対効果、時間対効果を考えってしまって、これだけ時間を掛けて作業したのに、ライバルサイトに勝てなかったという状況を想像し躊躇してしまったのだと思います。
    ライバルサイトに勝てなくても、作ったサイトは無駄にならないし、他の利用法もあるのだから、とりあえずリスクは余り考えずに、愚直にサイト作成し続けるのが結局は一番近道のようですね。

    とりあえず、ご教示くださったアドバイスを基に、サイト作成に勤しみたいと思います。コンテンツを充実させて、最強のブログを作りあげたいと思います(笑)
    また、何か疑問が出てきたら質問させて下さい。ありがとうございました。

  4. しげぞう より:

    >樹様

    丁寧なコメントありがとうございます。ちょっと長くなりますが、回答してみます。

    私も最初はキーワード無双のやり方通り「商品名 〇〇」というブログを幾つか作っていました。しかしながら本当に人気の商品でなければ上位表示されても意味がないと気が付きました。そのため、その後はジャンルを指定して例えば「自転車」というジャンルに絞って「子供乗せ自転車 ランキング」とか「電動自転車 ランキング」のようなジャンル別のブログを作るようになりました。大体20記事程度でどれも上位表示されましたのでこれは使える!と思ったのです。

    一度コツを覚えるとこれはいくらでも応用が利きます。現在はこのブログでも紹介したように「ブログで稼ぐ 初心者」とか「アメブロ アフィリエイト 禁止」みたいな複合キーワードで1つ1つブログを作成して上位表示させ、このブログに訪問者を誘導するという使い方をしています。

    さて、無料オファー系のキーワード選定に関しては樹様の推察は正しいです、ジャンルでキーワード選定が必要になります。そのため、無料オファーはアフィリエイトの「おまけ」的な要素で使っています。また、別の切り口として無料オファーを探しているアフィリエイターの方も対象になります。このブログでも「無料オファー 期限無し」という複合キーワードを狙って記事も作成して上位表示されていると思います。

    それからキーワード無双を応用して「オプトインアフィリエイト」という単発キーワードを狙ったブログも作成しました(オプトインアフィリエイトとは?徹底解説というブログ)。かなり手抜きのブログで記事数も多くありませんが現在1位に表示されます。ここからこのブログの「無料オファー紹介記事」にリンクを貼ってますので、そこからも登録してくれる人が多いです。

    キーワード無双はこのままのノウハウとして使うのではなく、応用して色々なキーワードで上位表示させるノウハウだと思っていますので、単品商品だけのノウハウではなく、すべてのキーワード選定の応用として使えます。

    最後に後発でも大丈夫?という部分ですが私自身も後発なので可能だと思っています。「モテる」というキーワードが難しいなら切り口を変えて「ヘアワックスの使い方」とか「人気の香水」とか「匂い対策」的なブログ作成をして、その中で紹介したいアフィリエイトをしていくという手もあります。

    でも、どうせならモテるというキーワードで勝負してみるのも面白いかも知れません。ライバルの強さは私はあまり気にしてません。ライバル強いから無理だろうなと思っても私はブログを作ります。それは後から人気ブログができた時にそのブログに誘導するという方法もできますし、関連するジャンルならバックリンク(被リンク)としても使えます。

    ただ、最近思うのはやはり記事数を増やして評価を高めていくブログの強さが最強です。狙っているキーワードで面白いように上位表示されますし、記事数が多い分、色々な検索ワードからの訪問があります。逆にGoogleのペナルティーやアルゴリズムの変更等で圏外に飛ばされたらリスク回避はしにくいですけどね。

    上手く質問の答えになっているか分かりませんが、私の思う部分です。また分からない部分があればいつでもコメント下さい。私も記事作成のヒントになるので大歓迎です。

  5. より:

    しげぞう様、はじめまして。樹と申します。

    現在、このブログのノウハウを参考にして、アフィリエイト
    に取り組んでおります。
    といっても、まだ初めて2週間のペーペーですが(笑)

    初歩的なことかもしれないのですが、質問させて下さい。
    無料オファー系のオプトインアフィリエイトをする場合、「キーワード選定」はどのようにしたらいいのでしょうか?

    物販の場合は、キーワード無双に倣い、商品名+〇〇○という複合キーワードで選定し、需要と供給を調べて、実際に一商品一ブログスタイルの物販のブログを一つ作りました(上位表示はされてませんが…笑)。
    全く同じ方法で、無料商材のキーワードを選定しようとすると、無料商材名+〇〇○という複合キーワードになります。

    ここで、ふと疑問に思ったのですが、無料商材といった情報商材をその商材名で検索する人がどれだけいるのだろうと。現に、キーワードプランナーやgoodkeywordに無料商材名を入れると、複合キーワードがほとんど出てきません。

    なので、無料オファー系には物販系と全く同じキーワード選定は通用しないと判断しました。しげぞう様は、キーワード無双を応用されているそうですが、無料オファー系ではどのようにキーワード選定をされているのでしょうか?差し支えなければ教えていただけないでしょうか?

    自分なりに考えたのは、無料オファー系の見込み客というのは、その商材自体を求めてきた人ではなく、自分の悩みを解消してくれる情報を提供するブログに辿り着いて、そのブログで無料商材がおすすめされていたので登録するという人が多いのではないかと。

    例えば、「女の子にモテたい」という悩みを持つ人であれば、モテる方法などで検索して、モテるノウハウを提供するブログに辿り着き、そのブログでモテる系の無料商材が紹介してあったので登録する。という流れになるのではないのかと。

    つまり、無料オファー系の場合は、商材名でキーワード選定するのではなく、その商材の属するジャンルでキーワード選定すべきではないのかと(例えば、モテる系だったら、「女の子+モテる方法」など)。
    自分はこう結論づけたのですが、どこか考え方が間違っているでしょうか?ご指摘いただけると幸いです。

    ただし、ジャンルでキーワード選定すると、例えば、モテる系でキーワード選定すると、需要は多いのですが、上位表示されてるライバルサイトが既に強力なコンテンツを揃えているところばかりで、新規参入で果たして太刀打ちできるのかという疑問があります。

    長文かつ散文になってしまいましたが、質問をまとめますと、
    ・無料オファー系の場合、「キーワード選定」は具体的にどのようにしたらいいのか?
    ・無料オファー系の「キーワード選定」の自分の考え方はどこか間違っているのか?
    ・上位表示されているライバルサイトと後発で参入して戦えるのか?

    以上三点です。
    お忙しいところ申し訳ないですが、お答えいただくと幸いです。

  6. しげぞう より:

    >maple様

    いつもコメントありがとうございます。ブログタイトルは悩みますよね。このブログも実は3回のタイトル変更をしています。最初は非常に長いタイトルだったので2回目で少し短くし、3回目でさらに短くしてみて現在のタイトル。それでも結構長い(笑)。確かにブログタイトルは変えない方がいいと言われています。特に狙っているキーワードは変えない方がいいと私も思っています。このブログも3回タイトルを変更しましたが、「アフィリエイト」と「稼ぐ」というキーワードは変えていません。

    全く違うキーワードにするとまたキーワードの評価が1からスタートになりますし、ブログタイトルってどのページでも表示されるリンクになるので、ブログ全体に及ぼす影響も結構大きいです。例えば100ページのサイトだと、100ページ全部にブログタイトルのリンクが入ってきますので、最低でも100箇所の変更になるのではないでしょうか。そのため、タイトルは変えてもキーワードは変えない方が良いと思います。ただ、狙っているキーワードが思ったより集客できない場合は思い切って新しいキーワードを入れたタイトルにするのも有りだと思います。

    それから成約率の問題ですが参考になるかどうか分りませんが、私が初期の頃やっていた方法も紹介しておきます。超地味ですが・・・
    「アメブロ」でペラページ(1ページだけ)のブログを1つ作ります。その1ページでアフィリエイトしてみます。物販でもいいですし、情報商材でもOKです。削除される覚悟なので。ペタと読者登録を毎日すこしずつやって、自分のブログに来てもらいます。ほとんどのASPでクリック率が分るのでクリック率を見ながら記事をあれこれ修正して、クリック率の良い誘導の仕方や言葉を試します。

    1ページしかないので訪問者を冒頭で引き付けるのは非常に難しいですので、必要なら2~3記事書いてもいいですがどちらにしても勉強になります。訪問者にアフィリエイトと気づかせないように記事の最後まで読ませるレベルになれば合格です。商用と気づかれると速攻でページは閉じられますよ。

    これを繰り返しながらクリック率の良い記事だけをアメブロから削除してメインブログに追加していきます。もしくは成約率がいいようならそのままアメブロを使ってもいいです(もちろん削除覚悟で)。アメブロはペタや読者登録で初日からでも訪問者を増やす事ができるので非常に便利で、自分の実力が試されます。

    最後にbingの登録ですが、サイトのURLと認証文字を入力して「送信」をクリックだけでOKです。深入りしてbingにアカウント登録してもいいですが面倒なので。bingのインデックスはGoogleに比べて時間がかかりますし、そこまで大きな影響力は現時点ではないので気にする必要はないと思います。

  7. maple より:

    しげぞうさん、こんにちは!

    いつもお世話になっています。

    今日は、ブログタイトルについて瞑想中…何かアドバイスをいただければと思い投稿しています。

    前回、相談したブログ(物販)のタイトルを1週間ほど前に変更しました。
    何となく、そのタイトルだと、女性しか見に来てくれないかも…と思ったことと、女性の私が書いてる記事ではなんとなく頼りない気がしたからです。

    でも、ブログタイトルって変えないほうがいいみたいな情報をネット上でけっこうみます。

    もう変えてしまったので、後の祭りかもしれないのですが、何か対処方法とか、ありますでしょうか。
    できればもう一度変えたいくらいなのですが、それは無謀ですよね…
    (元に戻したい訳ではありません)

    今後たくさんのサイトをUPしていくつもりですが、今のところ、メインはこれだけ、アクセスはそこそこされているようですが、クリックや売上には繋がっていません…それも悲しいですが、最初からそんな上手くいくはずもないと、モチベーションを保とうとしています。

    あと、もうヒトツ教えてください。

    検索エンジンに自分のブログを登録する方法で、Microsoft Bingに登録する方法がよくわからないのです。
    登録したつもりですが、最後までいってないのか、「検索結果が見つかりませんでした。」となってしまいます。

    お忙しいところ、何度もすみません。
    どうぞよろしくお願いします。

  8. おばねえちゃん より:

    こんにちは!
    本当に、初心者がわからないでいたら、ここに来ればなにかしら解決の糸口がみつかりそうですね。

    ありがたいなと思います。
    訪れる人のためになるサイトとは、こういうサイトをいうんだわね!と思いました。
    とても参考になります。

    どうもありがとうございます。

    応援ポチツ。これからもよろしくです。

  9. しげぞう より:

    >MAT様
    コメントありがとうございます。更新しなくなったら順位が下がるというのは私のブログでは確認できていません。
    ほとんどのブログ更新してませんが上位表示は出来ている状態です。
    そのため、他の要素も調べてみると良いかもしれません。ハネムーンやエイジングの問題、
    それから重複コンテンツの問題や時期的な問題も考えてみると良いと思います。
    それとhtmlサイトも作って比較してみるとそれは面白い記事になりそうですね。

    私の場合はアクセスが激減したサイトは放置して新しいサイトを作っています。
    今作成中のサイトはWordPressで作っていますが、シーサーでサテライトを作って集客する予定です。
    ブログにはブログの良さ(即効性)があると思ってますので、
    この良い部分をサテライトサイトとして活用する方がいいのかも知れません。
    そのため、メインサイトをhtmlサイトやWordPressで作ってみるのも悪くないと思いますよ。

  10. しげぞう より:

    >クライフ様
    コメントありがとうございます。
    全く同じブログを色々なサイトでやるという事は全く同じ内容で複数のブログを作るという事でしょうか?
    全く同じ内容だとミラーサイトになります。同じコンテンツは重複コンテンツとなるので、
    最初のブログ以外は検索結果には出てこないようにフィルタリングされます。
    そのため、個別記事は同じ内容でタイトルだけ変えただけとかのサイトはしない方がいいです。
    それよりもメインサイトを作って、さらに細かいカテゴリーだけを別サイトで作る方が良いと思います。
    もちろん内容は違った切り口で文章自体にオリジナリティーを出す事が必要です。

タイトルとURLをコピーしました